ローマ在住。ガンベロロッソでイタリア料理・ドルチェ勉強中のmariのブログ。イタリアワインソムリエ、オリーブオイルソムリエの視点で、イタリア料理、ドルチェを楽しんでいます♪


by cucina_amalfitana
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

GIOVEDI' GNOCCHI

トラステヴェレの大好きな切り売りピザのお店にいってきました。

で、食べたのがコレ

f0090286_2045768.jpg


ニョッキです♪ 

近所のピアッツァ(広場)のベンチで、ひとりニョッキをたべるアジア人。


今日は、木曜日♪ ジョヴェディ・ニョッキ(木曜日はニョッキ)

と、いって、ローマでは、木曜日にニョッキを食べることがあるのですが

このお店のニョッキも最高に美味しかった♪

ピザは最高に美味しいし、スップリも美味しいし、

また、かよっちゃいそうですわ~。




Gambero Rosso Roma 2009掲載店です。

気に入って頂けたら、クリック投票お願いしたします053.gif
にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ
[PR]
by cucina_amalfitana | 2009-03-19 13:15 | ラツィオLazio
忘れていました。

そうです。

エキサイトブログの利点。

それは、

写真をUpできる容量が大きいということ。

と、いうことで、エキサイトブロガーさんたちは

みーんな、キレイで大きな写真を何枚か

UPされているのですね~。


それなのに、それなのに。


ななけもののわたし


最近のブログに写真のせてません034.gif


写真をUPしないと、更新がラクチンなのです。


別に、誰に頼まれて写真を載せているわけではないのですが(汗)


そんなことばかり言っていると、


だあれも見てくれなくなってしまうので、


と、久々の写真をUPします024.gif



年末年始に、パーティーでイタリア人の友人のためにお寿司をつくってましたが


私のなんちゃって寿司じゃなくて、

プロの握るお寿司が食べたくなり、

トラステヴェレのお寿司屋さん(和食やさん?)に向かいました。


ところが、こうなりました。


f0090286_11142148.jpg


ローマのお惣菜で、
Suppli'(スップリ)と呼ばれるものです。
リの上にアクセント記号があるので
スップ
と、リを強めて発音しましょう。

さあ、これをこれをお寿司屋さんで食べたわけではありません。
やっぱり、一人でお寿司屋さんに入る勇気はありませんでした。

(弱気です。)


と、いうことで

お寿司やさんはあきらめ、ピッツェリアに向かったのです。
ピッツェリアでスップリを食べてみると、

f0090286_11153079.jpg

なかから、モッツァレラがとろりーん053.gif
トマトソース味のライスコロッケです。

このようにモッツァレラが糸を引くようすから
スップリ・アル・テレフォノ(supplì al telefono)
と呼ばれることもあります。

おいし。ちゃんと揚げ立てです053.gif

スップリは、たわら型で、ちょうど日本のコロッケと同じサイズ。

ところが、ナポリやシチリアにいきますと、
このライスコロッケのサイズが大きくなり、
円柱型になったりして、名前もかわり
アランチーニと呼ばれています。

シチリアにお住まいで私のだーいすきなREIさんの、
おいしそうなアランチーニはこちらから♪


そして、次は

f0090286_11154610.jpg

ルゲッタ(Rughetta、ルッコラ)のピザ064.gif

ローマのピザは生地が薄くておいしいです♪♪

このお店は、大きさが選べます。
私はダイエッターなので、小さいほうにしてみました。

ピザは、もとより、フリット(揚げ物)がイロイロとおいしそうなお店でした。


このお店の名前は、
Ivo a Trastevereといいます。

つまり、トラステヴェレのイーヴォだぜ!

と、いうことでしょうか。


ちなみに、いま住んでいるトラステヴェレ。
スタージュが始まるので引越ししようと考えてます。

ヴァチカンの近くに住みたいなあ、と思っているのですが、
お手ごろ価格で、シングルでwifiありとなるとなかなか難しいです。

またトラステヴェレに住もうかな001.gif


イーヴォ・ア・トラステヴェレ
(Ivo a Trastevere )
Via S.Francesco a Ripa 158
[PR]
by cucina_amalfitana | 2008-01-19 10:50 | ラツィオLazio

Da Francesco@Roma

f0090286_2221317.jpg


うちのだんなさまがローマに遊びにきていて最終日は
ローマのピザを食べに行きました。

前から気になっていた、
Da Francescoという、チェントロにあるピッツェリア。

地元ピープルは、大体8時半から10時くらいと
遅い時間に食べ始めるので、
その時間をさけて、早めにピッツェリアに入りました。

ピザだけでなくて、普通にアンティパストやぷりも、セコンドなどの
お料理も食べられるお店です。

シンプルにマルゲリータとプロシュートがのったピザを食べました。
パリパリしていて、おいしい生地。

実は、私は、本当は別のものが食べたかったのですが、
それは、コレ
f0090286_2243687.jpg


このシンプルなパンとプロシュートとモッツァレラ。

このパンは、フォカッチャというと、でてきます。
正直なところ、ピザよりおいしいです。

ぜひ、お料理の前にお試しあれ。
[PR]
by cucina_amalfitana | 2008-01-04 19:37 | ラツィオLazio

Pizzeria Dal Paino

f0090286_1816295.jpg

今日は、昨日よる遅くなってしまったので、朝9時まで寝ていました。そして、もう一人のローマのお友だちアレッサンドロに電話。「今夜、一緒にピッツェリアに行こう。妻も連れていくよ!」ということで、7時半にホテルに迎えにきてもらうことになりました。それまでは、ローマをお散歩。まず向かったのは、ローマで一番大好きな噴水蜂の噴水。右のお姉さんもカッコイイ!


f0090286_18171579.jpg

そして、ジェラートを食べながらトレヴィの泉へ。ものすごい数の観光客にビックリ。


f0090286_18175210.jpg
「Ciampini 2」で一休憩。
パニーニとカプチーノ

f0090286_18183038.jpg
カッサータシチリアのお菓子。
とても甘い。アイスクリーム仕立てでした。

f0090286_1820182.jpg
石畳を駆け抜けるスクーター
もちろんサングラス着用。



f0090286_18205726.jpg
ローマの町をひとしきりまわって楽しんだ後、ホテルに帰りました。ホテルに入ろうとすると、後ろからアレッサンドロに声を掛けられました。時間に正確なところは昔のまま。見た目もぜんぜん変わっていない!妊娠中の奥様パトリツィアは、とてもかわいらしいひとでした。ついにアレッサンドロ見つけたのね!運命の人を。

テヴェレ川沿いからティベリーナ島が見えたとき、「わたしティベリーナで出産するのよ。」と。さすがローマ人です。車をとめ、カンポ・ディ・フィオーリ広場へ。ここも人がいっぱい。アレッサンドロは「ここが本当のローマの中心なんだよ。ナボーナ広場は観光客しかいない。」と言っていました。

私たちが入ったpizzeriaの名前は「Dal Paino」
Painoとは、ローマの言葉で「自分のことをかっこいいって思い込んでいる人のこと」
 らしい。


f0090286_1821468.jpg
pizzaが焼きあがるまで、食べたのは、
「Suppli 」
トマト、モッツァレッラが入ったライスコロッケ
おいしかった~。


f0090286_18221569.jpg
「素焼きのピザにモッツァレッラとプロシュート」
素焼きのピザはびっくりするほど美味しかったです。
生地が美味しいからこそ楽しめるものだな、と思いました。
モッツァレッラもとても新鮮。

ビールは「NASTRO AZZURRO」青いリボンという意味です。


f0090286_18224354.jpg「マルゲリータ」
こりゃまた、旨い。とにかくピザの生地が薄くてパリパリしているのに、そのなかにモチッとした部分がある。アレッサンドロと奥さんはペロリを一枚平らげていました。がわたしも無理でした。でもほんとおいしかったな~。

イタリアのピザ職人(pizzaiolo)は、エジプト人を中心としたアラブ系移民が80%くらいなのでは、と言っていました。Dal Painoもエジプト人のようでした。
アラブ人も石釜でパンを焼くので慣れたものなのでしょう。

2人の馴れ初めを聞いたり、共通の友だちの話をしたり、今まであったこと、最近の事をいっぱいお話して、今日もとてもたのしい夜でした。今度、ローマに来るときはアレッサンドロのマンマのニョッキを習いにおいで、とありがたいお誘い。やっぱりアレッサンドもマンマの味が好きなのね。ぜひぜひ行くわよ。

Grazie per la ottima cena!!

Pizzeria Dal Paino
Via del Parione,34
06-68-135-140
[PR]
by cucina_amalfitana | 2006-04-14 18:06 | ラツィオLazio