ローマ在住。ガンベロロッソでイタリア料理・ドルチェ勉強中のmariのブログ。イタリアワインソムリエ、オリーブオイルソムリエの視点で、イタリア料理、ドルチェを楽しんでいます♪


by cucina_amalfitana
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:イタリア料理留学 ( 280 ) タグの人気記事

お友達

f0090286_0482787.jpg


今夜はボストン留学していたときの友人ロベルタから電話があって


「ねえ、今夜、うちにご飯食べにきなさいよ~。」


と、いうことで、急きょ、今朝からワインに漬けておいた子豚をパックにつめて持参して、

遊びに行ってきました。


バチカンの近くのプラーティという地区に住む彼女。


こんな素敵な橋を渡る毎日って、非日常的ですよね。


さあて、家につくなり、ロベルタと私でお料理。


友達と一緒にお料理するのって、楽しい053.gif


プリモは、ロベルタ担当のチーマ・ディ・ラーパのフシッリ


セコンドは、私が作った、スペッツァティーニのワイン煮込み


このとき、お腹もいっぱいになって、、

f0090286_0572097.jpg



締めは、エスプレッソと彼女が作ったココナッツのクッキー。


大変美味しゅう頂きました。


それにしても、今日は、ローマ対ユヴェントスの試合があり、


4対1で負け。


お食事中もサッカー観戦に夢中になっている、ロベルタの彼。


たぶん、イタリアでよくある光景なのでしょうね~。





気に入って頂けたら、クリック投票お願いしたします053.gif
にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ
[PR]
by cucina_amalfitana | 2009-03-18 00:50 | ラツィオLazio
f0090286_2455438.jpg


夕暮れ時のフィレンツェは、格別に美しいと思います。
金のジュエリー屋さんが立ち並ぶポンテヴェッキョを渡って、数百メートルのところを右に行くと、
まるで別世界化のような小さな広場があり、その中の一軒、IL MAGAZZIONOという、トリッパの専門店にたどり着きました。

ここに連れてきてくれたのは、フィレンツェ在住のソムリエ友達Aちゃん。

フィレンツェは、贓物のお料理が有名で、特に、牛の胃袋のトリッパやランプレドットは特に有名。
長時間煮込んだトリッパやランブレドットをパニーニにはさんだものを屋台で食べるのが
フィレンツェに来るときの楽しみですが、今夜は、屋台出身のトラットリアとのこと。

まずは、アンティパスト・ディ・トリッパイオ(Antipasto di Trippaio)

トリッパ屋さんの前菜という、そのまんまの意味の、お料理。

赤い葉、ラディッキョの上にのっている小さな丸い揚げものは、
中に牛の第4胃袋ランプレドットの入った
ランプレドットのポルペッティーネ(Polpettine di Lampredotto)

手前のチーズがのったものは、リングア(Lingua)、つまり、牛タンです。柔らかいですね~。

そして、パセリをつかった、緑のソース(Salsa Verde)がかかっているのは、コッパ。


f0090286_2464297.jpg

トスカーナの赤が飲みたいとの私のリクエストに
友人Aちゃんがセレクトしてくれた赤ワインは、ロッソ・ディ・モンタルチーノ
フレスコバルディ社のCampo ai Sassi 2007


2007年とまだ若く、酸味もタンニンもしっかりしていて、
後々つづく、内臓料理のコッテリ感をとりさってくれます。

常々思うのですが、イタリアワインって、産地のお料理と合うようにできている

と、思います。フランスワインのように、ワインだけで語れるものではなく、

やっぱり、イタリアワインには、イタリア料理ありき!

パンもまたしかり。

トスカーナのパンは、塩なしで固くなるまで保存して、それだけで食べると

ほんとうに味気ないのですが、トスカーナのお料理に合わせるとちょうどいいのです。

日本の白いご飯のような感覚かもしれません。

さてさて、そんな話をソムリエAちゃんとしながら、食べたのは、、、

f0090286_247313.jpg


ランプレドットのラビオリ

これが、過去に食べたことのないくらい巨大なラビオリ。

f0090286_17151112.jpg


そして、トリッパ・アラ・フィオレンティーナ
まわりの席の人たち、みんなが食べていたので、このお店の名物料理なはず。
と、いうことで頂いたのですが、やっぱい美味しい!
トリッパをトマトソースで煮込んだもので、ハーブ、スパイスや香味野菜の複雑な味。
これは気に入りました!!

でも、やっぱり、内臓は、たくさん食べられないあたくし。
次は、ドルチェへ。

f0090286_17151463.jpg


この、クレーム・ブリュレみたいなドルチェは、クレマ・カタラーナとよばれています。
カタラーナとは、スペインのカタルーニャ地方のことで、イタリアには、カタルーニャ地方から
このドルチェが伝わってきたことが名前からわかります。

カスタードクリームを、浅い耐熱皿に入れて、サービスの直前に表面にグラニュー糖をかけて
バーナーで火を当て、表面をキャラメリゼしたもの。

調べてみると、クレマ・カタラーナ、カタルーニャ地方ではCrema de Sant Josepとも呼ばれ
3月19日の聖ヨゼフの日(サン・ジュゼッペの日)に食べるそうです。

(スペイン在住者の方、ご存じでしたら教えてください。)
ちなみに、ヨゼフはイエスキリストの養父とされているため、イタリアでは、3月19日が父の日と
絶妙なタイミングでした。

お店を出るときに、また、このお店ににトリッパ・アラ・フィオレンティーナを食べにきたいな
と、思いました。



Aちゃん、ありがとう053.gif
久しぶりの友人にも会い、心もお腹も大満足なフィレンツェの夜となりました。





気に入って頂けたら、クリック投票お願いしたします053.gif
にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ
[PR]
by cucina_amalfitana | 2009-03-17 20:15 | トスカーナToscana

イースター・エッグ


f0090286_0102345.jpg


イタリアのイースターは、パスクワと呼ばれていて、
中にプレゼントの入った、卵の形のチョコレートを贈る習慣があります。

このチョコレートのイースターエッグを、イタリア語では

ウオヴォ・ディ・パスクワ(Uovo di Pasqua)

と、呼んでいます。


スーパーで売られる工業製品は安く、プレゼントはこういったのが一般的。


パスティッチェリア(お菓子屋さん)では自慢のウオヴォ・ディ・パスクワをつくっています。


これは、トスカーナ某所の私の大好きなパスティッチェリアのウオヴォ・ディ・パスクワ


7人の小人が描かれ、上には、キノコもつけていて、かなり気合がはいっています。


ローマ、トスカーナに到着したら、東京よりあったかくて、、


コート持ってこなくてよかった♪



入って頂けたら、クリック投票お願いしたします053.gif
にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ
[PR]
by cucina_amalfitana | 2009-03-16 23:37 | トスカーナToscana
f0090286_1483067.jpg




レタスだったり、布きれだったり、おしゃべりだったり、、、嘘だったり



このタイトルを見て、イタリア、ドルチェに詳しい方は



すぐにお分かりになったかも!



レタス、、布きれ、、おしゃべり、、嘘



これはすべて、上の写真のイタリアのドルチェ(お菓子)の名前です。

おしゃべり → キャッケレ(Chiacchere) ロンバルディア州
レタス → ラットゥーゲ(Lattughe) ロンバルディア州ブレーシア
布きれ → チェンチ(Cenci) トスカーナ州
嘘 → ブジーエ(Bugie) ピエモンテ州




このドルチェは、カーニバルの時期によく食べられる、揚げ菓子の名前です。



パティシエさんが、カラリと揚げたブジエ



厨房にてつまみ食い053.gif



おいっしぃ~~053.gif



これ、家にあったら、何個でもいけちゃいます。




ちなみに、カーニバルと言えば、ブラジルのリオのカーニバルが有名ですが、



カトリックの総本山バチカンがある、カトリックの国イタリア。



カルネヴァーレ(カーニバル)には、



キリストの復活を祝うパスクワ(復活祭、イースター)前の40日間の



クアレジマ(四旬節)に断食をすることから、



クアレジマの前に、肉や揚げたドルチェをいっぱい食べおさめ、愉しむ時期です。



カーニバルの時期は寒く、揚げ菓子やお肉を食べるのは


理にかなっていますね。



と、いうことで、冬は太るんです(単なる言い訳)035.gif



あなたのクリックが人気ブログランキングの投票数に加わります。よろしくおねがいしま~す056.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

イタリア料理カテゴリにも参加しています。クリック投票お願いしたします053.gif
にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ
[PR]
by cucina_amalfitana | 2009-02-10 01:14 | 東京 Tokyo
f0090286_1054164.jpg


わたしの働くリストランテの横には、ちょっとしたイベントスペースがあり
ワインの講座や生産者をお招きして、イベントを行っています。

先日は、プンタレッレのイベントがありました。

プンタレッレ(PUNTARELLE)と言えば、


ローマ053.gif


ローマに住む前は、ローマは首都で、地域色が少なくて


たいして、おいしいものはないんじゃなーい!


て、甘く見ていたら、


ローマにしか存在しない


とーーーーーってもおいしい冬野菜に巡り合いました。


それが、プンタレッレ


現在、宮城県でプンタレッレが栽培されているのです!


★宮城県、HPより
今から約400年前に、伊達政宗 の家臣支倉常長率いる慶長遣欧使節団がローマ法王に謁見したという歴史的つながりなどを背景に2001 年10月にイタリア・ローマ県と友好姉妹県になっています。

 あたらしい食材を宮城から発信することで生産者が元気になってほしい、せっかく魅力たっぷりの イタリア・ローマ県と友好姉妹県になったのだから、もっとイタリア・ローマを身近に感じてもらいたい、 そんな2つの思いをつないだのが、「プンタレッラ(プンタレッレ)」というイタリア・ローマにゆかり のある野菜でした。

とのことです。


根っこに近い部分は、細く切り、氷水に数時間つけると
クルリと、まわってきます。

そこに、オリーブオイル、アンチョビ、ワインビネガーを混ぜたソースに
食べる30分前につけこんで、頂くローマの冬のご馳走です。

とっても、手間がかかるのですが、

その味とシャキシャキした食感は格別です053.gif


ローマ・トラステヴェレのカルラのおうちで食べたり、
友人のアキコちゃんのおうちで食べたり、

今年、ミシュランの☆を始めてとった、ガンベロロッソ先生のローマのお店
アクオリーナ
で食べたり。


思いでもいっぱいの冬野菜♪


今回のイベントは、先生のお話とともに
バーニャカウダで、シャキシャキ、プンタレッレと、


f0090286_11528100.jpg


葉の苦い部分は、ベシャメルとともに、オーブンで焼いたものです。


厨房で、頂いちゃいました♪


葉の部分は、ローマでは食べたことがありませんでした。
苦味のしっかりしたお野菜でした!!
葉も利用できそうです。


と、いうことで、一個入手して、お家でもお料理してみることにしました♪


東京でも、もっと宮城県のプンタレッレが手に入りやすくなるといいな~。

と、思います。







あなたのクリックが人気ブログランキングの投票数に加わります。よろしくおねがいしま~す056.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

イタリア料理カテゴリにも参加しています。クリック投票お願いしたします053.gif
にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ
[PR]
by cucina_amalfitana | 2009-01-16 10:36 | 東京 Tokyo
f0090286_1115610.jpg



イタリア留学の初めての地は、ナポリより南のサレルノ016.gif


お昼になると、すべてのお店が閉まり、午後4時半以降まで


なんにもものが買えない、という不便な場所ですが、


地中海沿岸独特の、ワイ片手に、フルコースのランチ064.gif3時間!


という、ベッラ・ヴィータ(美しい生活)056.gifがいまだ残り、


アマルフィ海岸、チレント海岸、そして、カプリ島という、


イタリア有数の美しい海がすぐそこにある、


とても魅力的な町です。



そんな、初めての留学地で、ホームステイをさせてもらったのが、


リンダの家。058.gif


リンダの得意料理の、


ガットー・ディ・パターテ(gateau di patate)


じゃがいものガトー (ガトーとは、フランス語で焼き菓子を意味するそうです。)


その名のとおり、一見お菓子のようなお料理
016.gif




リンダに教えてもらいながら一緒に作って



これ、とっても美味しい072.gif072.gif072.gif



と、私がとっても気に入ったので、


ワールドカップ観戦の時や、


わたしのオットクンが遊びに来た時なども、つくってくれました。



日本に帰った私。そんなリンダの味を忘れるわけにはいきません。



今日は、久々に作ってみました066.gif


中身は、

マッシュド・ポテト、モッツァレラ、スカモルツァ、パルミジャーノ、プロシュート・コット
エキストラヴァージンオリーブオイル、生卵、牛乳、塩、こしょう、ナツメグ



これを、まぜて、オーブンで焼くだけで、


と~っても、おいしいご馳走になりました053.gif



ナポリ料理の本などを見ると、よくのっているのですが、


サレルノ生活後、少しイタリア北上し、トスカーナ、ローマにすみましたが、


どちらでも、食べることはありませんでした~。



モッツァレラ・ディ・ブーファを生産しているのは、



カンパーニャ州、ラツィオ州のみなので、



やっぱり、このお料理は、ナポリ近辺だけなのかしら、



モッツァレラ抜きののもだったら、他の地方でもありそうですね~。




さて、リンダは、といいますと、ダーリンとの間に


子供ができて、サルデーニャはカリアリで暮らしているようです。



サレルノでは、とってもいいお友達に恵まれました。


2007年に一時帰国した時には、次の留学にむけて


パワーストーンのブレスレットまでプレゼントしてくれた、


やさしいお友達のヒロコお姉ちゃん053.gif


今日は、お誕生日067.gif


Buon Compleanno067.gif






あなたのクリックが人気ブログランキングの投票数に加わります。よろしくおねがいしま~す056.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

イタリア料理カテゴリにも参加しています。クリック投票お願いしたします053.gif
にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ
[PR]
by cucina_amalfitana | 2009-01-16 01:02 | 東京 Tokyo

BIALETTI Muca Express

f0090286_12255398.jpg

BIALETTI社の牛さんです。

ふんわりミルクフォームをエスプレッソとともに作ってくれて、カプチーノが出きますよ。

イタリア語がちっともできなかったシエナ時代、説明書が読めず、招いたお友達をコーヒーの大噴水で笑わせてくれたムッカさんです!
[PR]
by cucina_amalfitana | 2008-12-10 12:25 | 東京 Tokyo
f0090286_0241724.jpg

日本で、リコッタ・チーズ(Ricotta Cheese)と呼ばれる白くてやわらか~いチーズ。
と、思われていますが、(と、いう私もそう思っていましたが、)

ところが、、、

Ricotta(リコッタ)はチーズ(Formaggio)でないのです。
イタリアの法律によると。


リコッタは、チーズの元になる乳(牛、羊、山羊)を一度煮て、固まった凝乳を取り出した後のにのこった乳清(ホエー)のタンパク質を再び、高温(80度~90度)で凝固することによりできた乳製品(latticinio)。チーズ(formaggio)のように、乳の乾酪素(カゼイン)を凝固させたものではないからなのです。

ちなみに、2回煮るので、り(再び)コッタ(煮た)と呼ばれています。


なぬー。リコッタはチーズじゃ、ないんだ~。

と、衝撃の事実を知ったのは、
ガンベロロッソで、チーズの専門家からの授業。
スローフードの本にも、やはり同じように書かれています。


とは、いっても、リコッタは乳製品であり、チーズと同じようにチーズ工場でつくられていて
チーズ屋さんや、チーズ売り場で売られています。
チーズを作ったとき余っ乳清はもったいない、と捨てずに再利用し、
こんなに、なめらかで美味しい食品ができるなんて、すごい!

日本では、マスカルポーネと同じように250gのプラスチックの容器に入って売られていますが、

さすがは、イタリア。

f0090286_120680.jpg


ドドーンと豪快に、大きなザルのような穴空きの容器は、

さながら、バケツのおもむき。


逆に、乳清からではなく、牛乳からつくられるものもありますが、
こちらは、リコッタチーズではなく、カッテージチーズ。


リコッタ ≠ カッテージ・チーズ

ですが、リコッタと同じように使うことができるので、
今度、つくってみたいと思います053.gif

カッテージチーズの作り方は、こちらを
http://allabout.co.jp/gourmet/cookingabc/closeup/CU20040819A/

この作り方を試してみようかな、と思います♪





あなたのクリックが人気ブログランキングの投票数に加わります。よろしくおねがいしま~す056.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

イタリア料理カテゴリにも参加しています。クリック投票お願いしたします053.gif
にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ
[PR]
by cucina_amalfitana | 2008-09-11 00:24 | 一時帰国中Giappone2
f0090286_18511560.jpg


ローマの研修先の1つ星レストランではプリモのチームに入れて頂いていました。

お客様には、手間暇かけたお料理でも、
自分たちが食べるまかない料理は、短時間でチャチャッとできるもの。

と、いうことで、カッチョ・エ・ペペ、アマトリチャーナ、カルボナーラ、
グリーンピースとグアンチャーレのパスタなどローマのトラットリア系のお料理が定番。
ローマっ子の、ステファノくん、さすが、地元の料理いつもおいしく作ってくれます。

その中でも、リコッタとトマトのパスタは、とろ~りと甘みのあるリコッタと
トマトの酸味が、絶妙のハーモニーで大好物です053.gif

忙しい夜につくってみました。

マリート君が、

「お、これおいしいねえ~。まろやか~。」

と、気に入ってくれました。

実はね~、すごく簡単なのよね~。(と、これ内緒、、、にはしません(笑))

そんな簡単レシピは、
Cpicon 簡単♡おいしいリコッタとトマトのパスタ by amalfiexblog


あなたのクリックが人気ブログランキングの投票数に加わります。よろしくおねがいしま~す056.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

イタリア料理カテゴリにも参加しています。クリック投票お願いしたします053.gif
にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ
[PR]
by cucina_amalfitana | 2008-09-10 18:46 | 一時帰国中Giappone2
f0090286_112014.jpg


鮭は、日本では、日常的に食べられますが、
イタリアでは、あまりたべません。

ローマのカルラの友人宅での、年越しパーティーでは
鮭をたっぷりといれたラザニアを頂きました♪

そして、研修したキャンティにあるトラットリアのシェフの奥さんの誕生日パーティーでは、
鮭一尾にたっぷりマヨネーズを塗り、お野菜をきれいにもりつけた
サルモーネ・イン・ベッラヴィスタ♪

イタリアでは、鮭はちょっと高価で、パーティー料理の定番食材です。


ということで、日本にいるアドヴァンテージを生かして(*^^)v
旬の秋鮭のリゾットとアスパラガスとともにつくってみました053.gif


レシピは、
Cpicon 美味♡秋鮭とアスパラガスのリゾット by amalfiexblog

あなたのクリックが人気ブログランキングの投票数に加わります。よろしくおねがいしま~す056.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

イタリア料理カテゴリにも参加しています。クリック投票お願いしたします053.gif
にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ
[PR]
by cucina_amalfitana | 2008-09-09 00:46 | 一時帰国中Giappone2