ローマ在住。ガンベロロッソでイタリア料理・ドルチェ勉強中のmariのブログ。イタリアワインソムリエ、オリーブオイルソムリエの視点で、イタリア料理、ドルチェを楽しんでいます♪


by cucina_amalfitana
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ありがと。ローマ

f0090286_0241176.jpg



ローマでであったみなさん、


ありがとう。。。


離れるのがさみしいくらい


いっぱい思い出をくれたローマ。


私の人生の財産となるものをいっぱい与えてくれた


ガンベロロッソの仲間とラルトロマスタイの仲間。

そして、こちらでできたお友達のみなさん。

ありがとうございます。
[PR]
by cucina_amalfitana | 2008-05-30 23:27 | ラツィオLazio
って、仕事をしにきたわけではなく、


今回は、日本からいらっしゃったこのお方と、
お仕事のお席に同席させていただきました。



f0090286_19221414.jpg


Cannelloni di ostia con magro di capretto, zucchine, salsa di cicerchie e gamberi di Mazara

オスティアのカンネッローニ、子ヤギの赤味肉詰め
スイートピーの実のソースにえびを添えて

f0090286_19233778.jpg



Frascatelli di semola di grano duro con asparagi selvatici, zafferano e ragout di lepre

野生アスパラのセモリナ粉のフラスカテッリ、サフラン風味
野うさぎのラグーを添えて

[PR]
by cucina_amalfitana | 2008-05-24 19:15 | ラツィオLazio
フィレンツェといえば、
これをたべなければ。



f0090286_18582032.jpg


BISTECCA ALLA FIORENTINA
ビステッカ・アラ・Fヒオレンティーナ

[PR]
by cucina_amalfitana | 2008-05-23 18:55 | トスカーナToscana
f0090286_242681.jpg


フィレンツェには、前から行きたいなと思っていた
トスカーナの伝統料理のトラットリアに行ってきました。

チブレオというお店です。
リストランテとトラットリアもあり、
より庶民的なトラットリアへ。

まずは、

f0090286_243097.jpg


これから旬をむかえる、ペペローネ(パプリカ)のスープ
オリーブオイルをまわしかけていただきます。


f0090286_2431533.jpg


リコッタのスフォルマート

母は、茶碗蒸しみたい。

って、申しておりました。


f0090286_2433568.jpg


サルシッチャと豆の煮込み。
わたしは、これが気に入りました。

そして、極めつけは、、、

父、母、が驚いてしまった、、

f0090286_2435167.jpg



ニワトリの首に詰め物をしたもの(Collo di Pollo ripieno)


まさか、この料理に出会えるとは~!
昨年、キャンティのレストランで働いていたときに
これとまったく同じ料理があって、


トスカーナって、ほんとすごいわ。

と、恐れおののいていた、思い出の一品。


これは、なかなか普通のトラットリアでは
出会えないので、ぜひ、お試しを~。


後方にうっすら見えるのは、
ウサギちゃんの煮込みです。

[PR]
by cucina_amalfitana | 2008-05-22 02:35 | トスカーナToscana

f0090286_911728.jpg

いつも気になっていたトラステヴェレのパスティッチェリアの
ショーウィンドーには、こう書かれています。


SACHER TORTE
ザッハ・トルテ

LA TORTA PIU' BUONA DEL MONDO
世界でもっともおいしいケーキ


。。。。。。






ザッハトルテそのものが、世界一おいしい、といっているのか

それとも、

このお店のザッハトルテが世界一おいしい、といっているのか?


グルグル思考をめぐらせて、お店に入りました。


レトロな雰囲気のお店にの中の
贈答用の、フィオッコ(リボン)をつくっているおばあちゃまに

どのお菓子が一番おいしいかしら。

と、訊ねたら。

ザッハ・トルテよ

と、出していただいたのがコチラ。

f0090286_944187.jpg


中には、アンズジャムがはいっています。
たしかにおいしかったです。

ザッハトルテって、イタリアでもけっこう食べられるのですよね。
(ただし、ローマ以北)

本場の、ウィーンには、このお方がいらっしゃるので
いつか、本物を食べにいきたいです053.gif

ブログ、「kchanは今日も行く。」のkchanさまは
海外生活が長く、イタリアにもよく旅行されていらっしゃいますので
イタリア料理の情報もいっぱいのっている楽しいブログですよ053.gif

で、marinaちゃんはというと、今日から、数日間フィレンツェに滞在してきます♪
両親が日本から遊びにきているのです。ひさしぶりです。

[PR]
by cucina_amalfitana | 2008-05-21 09:05 | ラツィオLazio
f0090286_242954.jpg

こんにちは。

トスカーナ在住の素敵なこのお方にご紹介いただきました
「根性の女」こと、marinaです012.gif

意外と根性はなく、だらりーーーん、なまけものしていることも多々あります。

MOさんはですね。
トスカーナのとーっても素晴らしいお宅に住んでいらっしゃって
(一回、お宅にお邪魔させていただきました。)
とにかく、あったかくって、頭よくって、しかも美人なお方!
トスカーナの食材を日本に紹介するお仕事もされていらっしゃいます。
とってもやさしいご主人さまと超美形なじょーたんくん
素敵なファミリーで、いつかうちのファミリーと、どこかでご一緒したいです。
MOさん、いつも、元気を頂いて、ありがとうございます053.gif
そんな素敵なMOさまの超人気ブログ
La Vita Toscana、ぜひご覧くださいね♪

さて、わたしは、イタリア人からは
SEI IN GAMBA. なんていわれるのですけれど。
意味は、どうでしょう。がんばりやさん?のような感じでしょうか?
まちがってたらおしえてください。

でも、GAMBAって、イタリア語で脚という意味でありまして

実際に、たち仕事で、足のサイズは、1サイズ大きくなりましたし、
脚も、垂直方向に拡大し、ジーンズがきつくなりつつあります。

イタリア人たちから、「あんた、脚太いね、」という意味で言われていないことを祈る(爆)


最近は、レストランでの長時間のたち仕事からも解放され、
あまりあるいておりません。

と、いうことで、
家の前の、トラステヴェレ・サン・コジマート広場(Piazza di San Cosimato)の
朝市
をご紹介します。

f0090286_25011.jpg

えーこれは、フィオーリ・ディ・ズッカ(Fiori di Zucca)
食用に栽培されたカボチャのお花です。

と、以前の私のカボチャの花の記事。
エキサイト・ブログさまの公式ページにのっていました。
びっくり。ありがとうございます。


で、こちらは、
f0090286_252611.jpg

ズッキーニの花
こちらは、花が小さいので、ズッキーニと一緒に調理すると
春を感じさせられてGOOD!

どちらとも甘くて、おいしいお花ですよ~。

[PR]
by cucina_amalfitana | 2008-05-21 01:55 | ラツィオLazio

今日の家ワイン

f0090286_7251230.jpg


同居人のベルギー人のおんなのこ2人
よく飲みます!

近所スーパーやエノテカでお手ごろ価格のワインを買ってきて
飲んでいるのですが、

今晩は、みんなで歌をうたっていたら、
夜も遅いのに、2本あけました。

ワインの空き瓶がどんどんたまってきています。


SOLLIONE
PRIMITIVO SALENTO IGT
2006

13.5%
プーリア州


Borgoantico
Montepulciano d Abruzzo DOC
2006

12%
アブルッツォ州
フルボディーのモンテプルチャーノ種の赤ワイン。

[PR]
by cucina_amalfitana | 2008-05-20 06:39 | ラツィオLazio
f0090286_573230.jpg


トスカーナでの会食の模様です。


ズッキーニ、ニンジン、ポテトのリーゾ
Riso con zucchine, carote, e patate

リコッタとほうれん草のラヴィオリ、サルビアとバター和え
Ravioli ripieni di ricotta e spinaci al burro e salvia

豚のロース 白いんげん豆を添えて
Lombata di maiale con fagioli al fiasco

ザッハ・トルテ
Sacher


頂いたワイン。
BANFI Col di Sasso 2006

UVE IMPIEGATE
Cabernet Sauvignon e Sangiovese.

TECNICA DI PRODUZIONE
La macerazione delle uve non supera i 5-6 giorni, ed avviene ad una temperatura di 24-25°C; questo consente di acquisire una buona estrazione di colore senza appesantire la struttura tannica e una buona freschezza aromatica. Il vino viene commercializzato dopo un adeguato affinamento in bottiglia.

CARATTERISTICHE ORGANOLETTICHE
Colore: rosso rubino, giovane ma intenso.
Profumo: fresco, varietale, arricchito da note speziate.
Sapore: pieno e morbido, equilibrato, di pronta beva.

IL COMMENTO DELL’ENOLOGO
Una delle etichette Banfi più conosciute ed apprezzate nel mondo. Sangiovese e Cabernet Sauvignon perfettamente integrati, danno vita ad un vino immediato, di grande concentrazione estrattiva e pulizia dei profumi e per questo estremamente versatile nelle possibilità di consumo.

ABBINAMENTI GASTRONOMICI
Si abbina egregiamente a primi piatti importanti, carni bianche e secondi leggeri.

Gradazione alcolica: da 12 a 12,5% vol. in base al decorso stagionale
Formati disponibili: 0,375lt. - 0,75lt


[PR]
by cucina_amalfitana | 2008-05-19 05:05 | トスカーナToscana
f0090286_2391537.jpg


ラルトロマスタイの同じくスタージュ生のマヌーから教えてもらった
ゲットーの中のトラットリアにいってきました。

f0090286_2393227.jpg

Fiore di Zucchina ripieno

f0090286_2395044.jpg

Cannelloni ripieni

f0090286_2401837.jpg

Animelle

アニメッレと呼ばれる内蔵の一部。
これは、実物はかなりグロイくて、
ここには、のせられませんが、上手に調理してあると
とってもおいしいです。

でも、この量!3つでギブアップでした。

どれも、コテコテのローマ料理
ワインは、もちろんラツィオの赤ワイン
PALLAVICINI Rubillo Cesanese IGT LAZIO

ここで、ちょっとお勉強。

Uve:ブドウ品種
Cesanese 100%. チェザネーゼ100%
Allevamento:栽培
filare, ceppi per Ha 4000 1hあたり4000株
Età del vitigno: ブドウの木の年齢
35 anni.35歳
Produzione per ettaro: 1hあたりの生産量
10 ton. 10トン
Altitudine: 高度
250 m. 250メートル
Zona di produzione: 生産地域
colline vulcaniche a Sud di Roma. ローマ南部火山丘陵地帯
Epoca di vendemmia: 収穫時期
nei primi giorni di ottobre 10月初旬
Tipo di raccolta:収穫方法
a mano con cernita delle uve 手積み
Tecnica di produzione: 生産技術
tradizionale in rosso a cappello sommerso con prolungata macerazione.

Affinamento:熟成
in acciaio.ステンレス
Caratteristiche organolettiche:性質
colore rosso rubino di ottima intensit・con riflessi violacei; bouquet gradevole con note di fruttato maturo leggermente speziato. スミレ色の反射光を持つしっかりとしたルビー色。ほのかにスパイシーで熟したフルーツを思わせる心地よい香りを持つ。

Gusto:味
caldo, morbido, avvolgente di grande equilibrio.やわらかくバランスがとれている
Abbinamenti:料理との組み合わせ
primi piatti di cucina romana, carne rossa e formaggi di media stagionatura.ローマ料理のプリモピアット、赤い肉、中程度の熟成したチーズ
Gradazione alcolica:アルコール度数
12% vol. 12%



TRATTORIA DA GIGETTO
http://www.giggettoalporticodottavia.it/

[PR]
by cucina_amalfitana | 2008-05-18 02:51 | ラツィオLazio
f0090286_18434050.jpg

そうそろ、夏の気配が感じられるようになりましたが、
みなさんは、どんなところで夏を感じられますか?

新緑などでしょうか。

私たちの家族(ローマでの同居人)は、


騒音。
といっております。

冬の間は、とっても静かだったのですが、
最近は、よぱらった人の、大きな声が。
こちらは、、夜の騒音でありまして、

朝の騒音といえば、
近所のお魚屋さんが捨てたお魚を食べにやってくる、
カモメさんたち♪ 

ガー、ガー、が~~!

一度、啼き始めたら、とまらないので、もう。眠れません。

ローマからは海はまったく見えませんが、
意外と近いのですね。

動物もおいしいところをよく知っています。

そんな
私の住んでいるトラステヴェレにおいしいアマトリチャーナのお店が
あると、友人にきき、同居人と食べに行きました。


家族経営のお店で
カメリエーレをしているお母さん。

今日は、混んでるから、
この3つのなかから選んでちょーだい。
3人、みんな違う種類は駄目よ!
全部同じのか、
せいぜい、2種類。!
と。



と、いうことで、アマトリチャーナ2つと、旬のイタリア野菜カルチョーフィのパスタ

f0090286_18444318.jpg

アマトリチャーナ、唐辛子が利いていて、おいしかったです。
ローマでの伝統的なのは、グアンチャーレという
豚のほほ肉の塩漬けを使うのが伝統的なのですが、
こちらのお店は、パンチェッタのアフミカートを使っていました。

(いつも同じかは知りません。トラットリアのレベルだと、つくるコックさんがちがったり、材料がきれちゃったりすると、味がよく変わっていて。それが、家庭と同じでよかったりもしますね。)

ドルチェは、

ティラミスと、チョコレート・ムース、イチゴ

f0090286_1845196.jpg
この、お店のカメリーレの息子は、
わたしたちに、バンボリーネ(お人形さん)と声をかけきます。
同居人のかわい大学生には、OKだけれど、
わたしには、キツイな~。

って、話していたら、近くのテーブルの老齢のシニョーラにも
バンボリーナと呼んでいました。

イタリア、トラステヴェレ版、みのもんたさんは



f0090286_1847954.jpg


お店は、サン・フランチェスコ・ディ・リーパ教会(San Francesco di Ripa)
の目の前。ローマのあるラツィオ州のおとなりアブルッツォ料理のトラットリア、Da Paoloです。
[PR]
by cucina_amalfitana | 2008-05-17 16:59 | ラツィオLazio