ローマ在住。ガンベロロッソでイタリア料理・ドルチェ勉強中のmariのブログ。イタリアワインソムリエ、オリーブオイルソムリエの視点で、イタリア料理、ドルチェを楽しんでいます♪


by cucina_amalfitana
カレンダー

<   2007年 12月 ( 27 )   > この月の画像一覧

朝のんびりおきたら、ホームステイ先のマンマのカルラが

今から、テスタッチョの市場にいくけれど一緒に行く?

はいはい、行きます。 と、お供してきました。

f0090286_7171686.jpg

ローマのテスタッチョ地区は
私の住むトラステベレ地区から、テヴェレ川を渡ったところに位置します。

テスタッチョの市場は、ムッソリーニの時代に
貧しい人たちのためにできた市場。

と、いうことで、いまでも庶民的な市場ですが、
市場の周りには、たくさんのお店ができていて流行の地区らしいです。

(て、ローマのチェントロは、そんなところばかりのようですが。)

ここでは、新年を迎えるために、
イタリア版御節?に欠かせないレンズ豆と、
ローマのお野菜
f0090286_7174498.jpg

プンタレッレを購入。

f0090286_718590.jpg


お昼には、プンタレッレと、下の階に住むロベルタさんから頂いた
大きなカボチャをつかって、リゾットでした~♪

プンタレッレ、おいしすぎ~!!
[PR]
by cucina_amalfitana | 2007-12-31 07:19 | ラツィオLazio
ブログ、「イタリア料理紀行dal Gambero Rosso」をご覧頂き
誠にありがとうございます。

ブログをはじめて、2年が経過して、エキサイトブログ以外にも
好きなブログやHPがどんどん増えてきましたので
リンク集をつくってみました056.gif
↓ ↓ ↓ ↓
リンク集

素敵なサイトがいっぱいですので、ぜひ遊びにいってみてくださいね。


さて、当サイトは、リンクフリーです。
ご自由にリンク頂いて結構ですが、教えていただけましたらうれしいです。


また、相互リンクも募集しております。
イタリアや料理、ワイン、レストラン、旅、生活
に関わるサイト、ブログをお持ちの方、相互リンクでたのしみましょう。
ぜひ、お気軽にご連絡くださいね。

↓ ↓ ↓ ↓
相互リンクの方法

[PR]
by cucina_amalfitana | 2007-12-31 00:06 | リンク集-相互リンク募集Link
ローマって、
f0090286_659915.jpg

美しい。


それほど期待していなかったのですが、
(期待していなかったからかもしれませんが、)
今年最後に、今年一番「美味しい」と思ったレストランに出会いました。

ここで~す。

f0090286_5372465.jpg


はじめにでてきたのは、ストゥッツィキーニ(Stuzzichini)


f0090286_538136.jpg

いわゆる、お通しのことです。


そして、感動の一皿。

f0090286_5532513.jpg

オマールエビのスープ。

f0090286_5374924.jpg

カラマリのソテー、オレガノ風味のトマト・コンフィ
Calamaretti scottati con pomodori infornati all'origano


ここで、
f0090286_674971.jpg

カメリエーレがパンを配りにきてくれました。
二人で全種類を頂きます。

そして、ここから、メインへ

f0090286_692379.jpg

牛肉のタルタル、マンゴーと甜菜(てんさい)のジェラートを添えて
Battuta di carne cruda di manzo con mango e gelato alla barbabietola


f0090286_6115979.jpg

オマールエビ、メンドリのミネストローネに
トピナンブルのモルビドを添えて
Minestrina di gallina con morbido di topinambur e medaglione d'astice


f0090286_6221337.jpg

豚の頭肉のラヴィオリ
水牛のマスカルポーネとブロッコレッティのソース
Ravioli di testina di maiale in salsa di mascarpone di bufala e broccoletti


f0090286_6264277.jpg

牡蠣のテンプラ 柿のソースとともに
Tempura di ostriche con cachi alla vaniglia e granita al caffè


f0090286_6285740.jpg

子牛のほほ肉の煮込み イタリアンパセリのソースとともに
Guancia di vitello brasata con salsa al prezzemolo


f0090286_6311263.jpg

チョコレート・マニア(Cioccolato-mania)

4種類のチョコレートとともに、
美しいソムリエのお姉さんがセレクトしてくれた
デザートワインを楽しみます。

さらに、チョコレートフランが
f0090286_6323642.jpg

あつあつの状態でサーブされ、

コーヒーとともに
f0090286_633931.jpg

プティ・フール(piccola pasticceria)

お店の中は、
f0090286_65683.jpg

クリスマスツリーが飾られています。
(イタリアは1月6日まで飾られます。)

ここのお店は、ガンベロロッソの先生をしているシェフ
Fabio Baldassarreのローマ中心地にあるリストランテ・ラルトロ・マスタイです。

このシェフは授業で、自分では、まったく料理を作らないので
こんなにおいしい料理をつくっていることを知りませんでした。

シェフの才能に驚きました。

ガンベロロッソ2フォルケッテ(82点)、ミシュラン1つ星。

レストランはローマチェントロということでちょっと狭いのですが、
これが郊外の素敵な雰囲気だったら、もっと評価は高く、
そして値段も高くなってしまうはず。
なので、わたしは、ここでいいのだと思います。

2人で220ユーロ。
と、いうのがとても安く感じるレストランでした。016.gif

あ~、美味しかった~。
また食べにきたいなあ。



リストランテ ラルトロ・マスタイ
"L'altro Mastai"
Via Giraud, 53 Roma
tel: +39 0668301296

http://www.laltromastai.it/home_it.asp
[PR]
by cucina_amalfitana | 2007-12-30 05:41 | ラツィオLazio
今夜は、またローマの新しい場所を訪れてきました。


私にいつも感動を与えてくれるここ

f0090286_144238.jpg

を、バスの窓越しに眺めつつ

さらに、バスを乗り継いで、
Pigneto(ピネェート)地区と呼ばれる場所にやってきました。

ここは、1960年代まで、ローマの中でも貧しい地区だったそうですが
近年、レストランなども増えてきて、人気が高まっている地区だそうです。

なぜ、ここに?

と、今回も「食」のため069.gif

ガンベロロッソで内臓料理の授業に一日だけ教えに来てくれた
シェフVincenzo Frassanitoのお店がここにあるのです。

ガンベロロッソのクラスメートと3人で食べにやってきました。

まずはアンティパスト

f0090286_043267.jpg

サラミとチーズ

f0090286_0434498.jpg

豚のレバーのスクランブルエッグ

と、ここからプリモピアットのパスタがやってきました!


f0090286_14651.jpg

トンナレッリ・カッチョ・エ・ペペ
(Tonnarelli cacio e pepe)


カッチョ・エ・ペペは、ローマの伝統的なパスタで
ペコリーノ・ローマノ(Pecorino Romano)という塩が強い羊の乳のチーズと
黒胡椒を和えたパスタ。
シンプルでとってもおいしいローマのパスタです。

クラスメートで成績トップのダヴィデ君が
ほぼ毎日、私たちのためにつくってくれた思い出のパスタです。

f0090286_129083.jpg

グリーチャ(gricia)
グリーチャも、ローマのパスタで
豚のほほ肉(グアンチャーレ;Guanciare)とペコリーノ・ロマーノ(Pecorino Romano)
を和えたパスタ。
アマトリチャーナのトマト抜きのパスタです。

f0090286_15587.jpg

フェットゥッチーネ サルシッチャと豚のスプンタトゥーラと一緒に
Fettuccine con salsicce e spuntatura di maiale


これが、間違えたかどうかはわかりませんが、
1人分なのに、200グラムくらいの大盛り!!

これで、私たちは死にそうになり、

セコンドはスキップし、

ドルチェに突入。

f0090286_1164385.jpg

f0090286_11701.jpg

f0090286_1171526.jpg


ドルチェは別腹なんです。


イタリア料理では、和食のようには、お料理にお砂糖を使わないので
お砂糖を摂取するのは、ドルチェや果物から。

なので、お料理の後にはドルチェは必須なのですね~。

と、いうことで、毎日ドルチェ食べてます。


"Hostaria Mimi e Cocozza"
http://www.mimicoco.it/
[PR]
by cucina_amalfitana | 2007-12-29 00:44 | ラツィオLazio
今日は、おもしろいお店を発見しました056.gif

それは、ここ。


f0090286_8552669.jpg


タッツァ・ドーロ(Tazza d'Oro)本店063.gif

ローマに着てから、いろんなバールで、Tazza d'Oroのコーヒーを使っていますよ。
と、いうサインを見かけていたのですが、

珍しく、チェントロをふらふらしていたら、本店に遭遇。

あーー、こんなところにタッツァ・ドーロ本店が!

しかも、ガンベロロッソのシールも張られていました。

結構、感激しました!

中に入ると、
f0090286_8565966.jpg


なんだか庶民的な感じで、

寒い冬にぴったりの、生クリーム入りのコーヒーを飲んでいるひとが
たくさんいました。

そして、わたしも注文してみました。

f0090286_8571776.jpg


バリスタは手際よく、大きめのタッツァ(コーヒーカップ)に
コーヒーを注ぐと

「砂糖を入れてください」 と。

そして、自分で好きな分量の砂糖をいれ、スプーンでかき混ぜたあとに

コーヒーカップが回収されて、

次は、生クリームを入れてくれます。

機械で作った生クリームで、とっても冷たい生クリームで
熱いコーヒーに合うかは微妙なところですが、
コーヒーはなかなか美味しくて、
こういう庶民的で、日本でいうと昭和の香りがして
なかなか、素敵なお店でした。

また、いこーっと。

結構、ローマのコーヒーは美味しいのであります063.gif


TAZZA D'ORO ORIGINAL COFFEE srl
パンテオンの近く
Via degli Orfani, 84 (Pantheon) - 00186 Roma
http://www.tazzadorocoffeeshop.com/
[PR]
by cucina_amalfitana | 2007-12-28 08:30 | ラツィオLazio
f0090286_2253868.jpg


夫がイタリアに遊びにきました。
クリスマスプレゼントには、デジカメをもらいました。067.gif
リクエスト通り、Canon IXY。最新のものです。
これがまた、すごいのです070.gif
PCのような動きをする確認画面です。
かれこれ、4代目IXY。これからもヨロシク。IXY。

新しいおもちゃを手に入れて、カンピドーリョ広場近くの夕日の見えるカフェでお茶をした後、
ナヴォーナ市場のクリスマス市に行ってきました。

何が売っているかというと、

f0090286_2255927.jpg


ほおきにのったおばあちゃん。

ベファーナ(Befana)と呼ばれていて、
1月5日のよるに子供たちにプレゼントを持ってくるといわれています。

いい子にしていると、キャンディーやチョコレートなどのお菓子。
悪い子にしていると、炭を。


ブログには、ポップなお顔のベファーナの人形のUPしましたが、
日本の秋田のナマハゲのような迫力満点のおばあちゃんの
お人形がいっぱいでした~。



そしてこちらは、
f0090286_227656.jpg

ベファーナがプレゼントを入れる、靴下。



さらに、
f0090286_2272718.jpg

キリストの誕生を現したプレゼーピオ(Presepio)

ドールハウスのように、いろいろ組み合わせて
部品が買えます。

この広場で人気のお菓子は、
f0090286_259438.jpg


チャンベッローネ・コン・ヌテッラ(Ciambellone con Nutella)
Nutellaというチョコレートクリームを塗ったドーナッツ。

イタリア語でチャンベッローネ(Ciambellone)と呼ばれる巨大なドーナツ。
ローマではよく食べられるお菓子ですが、
ここでは、温めてヌテッラをたっぷり塗ってくれます。

今日は、家からずーっと歩いたので
多分10キロはあるいたのかしら。

明日から、毎晩外食がつづくので、今夜は家ご飯しました。
f0090286_2582857.jpg

イカとフォジョリーニのリゾット(Risotto con Calamari e Fagiolini)
夫からは、レストランで出せる味だとおだてられ、
写真をとっちゃいました060.gif

おだてに弱い。
[PR]
by cucina_amalfitana | 2007-12-28 02:07 | ラツィオLazio
今夜は女だけの熱い夜になりました024.gif

こんな光景です。

f0090286_830775.jpg


実は、これ、トンボラ(Tombola)というビンゴに似たゲーム。


クリスマスには、トンボラというゲームを行うということは
昨年の冬にいたシエナのダンテアリギエーリという学校で
遊んで、知ってはいたのですが。

トンボラのルールはこちら

みんなお財布から、小銭を用意して065.gif
カードを買って、それが掛け金になります。


ギャンブルには、まったく興味のないわたくしではありますが、

イタリアでの貴重な体験になるはず、

と、トンボラに参加しました066.gif

トロンチーニなどクリスマスのドルチェを食べつつ

何ゲームかやりましたが、

結果は、

完全に負け007.gif

わたし、ギャンブルには向いていないようです。


[PR]
by cucina_amalfitana | 2007-12-26 19:23 | ラツィオLazio

カルラの家でのナターレ

実は、わたしが借りているお部屋というのは、
イタリア人のお宅のサロット(Il Salotto)、
つまりリビングなのでありまして・・・

f0090286_25973.jpg


クリスマスの今日は、親戚があつまる、
クリスマスの昼食の会場となりました。

まずは、昨日のアネェーゼのおうちで行ったクリスマスと同じように
手巻き寿司、てんぷらをアペタイザーとして振舞いまして、

その後、おいしいお料理の数々がだされました。

まずは、

f0090286_252217.jpg


クアドゥルッチ・イン・ブロード(Quadrucci in Brodo di Gallina)

小さい四角形にきったパスタをメンドリのブロードに入れて。。


f0090286_253534.jpg


フェットゥッチーネ・アル・ラグー(Fettuccine al Ragu')

と、生パスタ2種。


f0090286_255322.jpg


カルド・エ・パルミジャーノ(Cardo e Parmigiano)

ナポリの有名なお料理、メランザーネ・エ・パルミジャーノという
ナス、トマト、パルミジャーノ、モッツァレラの重ねたオーブン焼きを

北イタリアのお野菜、カルド・ゴッボ(Cardo Gobbo)で応用したもの。
カルドは、セロリに似ているけれど、セロリと味はまったく違い、
とっても甘い冬野菜なのであります。

f0090286_720476.jpg


そして、ポルケッタ・ディ・マイアーレ(Porchetta di Maiale)

カルラの別荘があるローマの北のMontefiasconeで買ってきた豚肉。
実は、私がつくりました(^^)

f0090286_722397.jpg


そして、カルラががんばってつくった、手作りのパネットーネ♪♪
うまく醗酵していなかったのですが、
手間隙かかるパネットーネを初めてつくったカルラに
みんなで拍手!!

f0090286_7235126.jpg


最後は、またまた、昨日と同じようにパンナコッタを。
酸味のあるフルーツ(ラズベリー、Ribes)との相性はぴったりでした。


と、今日も食べに食べ。

く・くるしい。
[PR]
by cucina_amalfitana | 2007-12-26 14:08 | ラツィオLazio
f0090286_111094.jpg


みーんな、家族ですごしイタリアのナターレ(クリスマス)072.gif

いろんなひとから、早くも9月頃から、
ナターレの予定を尋ねられていて

夏が終わったばかりなのに、ナターレだなんて、
なんて気が早いのかしら!なんて思っていたのですが

11月まで、特に予定もなく。11月になると、会う人ごとに、

「ナターレどうするの?」と、たずねられます。

あれ、ナターレ、もしかしたらひとりかしら?

と、思っていたら、ちゃーんといつものように

ガンベロロッソの友人アネェーゼが誘ってくれました024.gif

と、いうことで、ガンベロロッソのデュプロマをとったばかりの

ちいさなコックさんのアネェーゼと私で分担して作ることになりました。

アネェーゼのお兄さんの友人のイラン人親子も加わり

インターナショナルなクリスマスとなりました。

◎アンティパストは、わたし担当。
手巻き寿司
天麩羅(エビ、シャンピニオン、インゲン豆、ブロッコリーロマーニ)
をつくりました。


◎プリモピアットは、アネェーゼ担当。
f0090286_0283840.jpg

ポルペッティーニのスープ
(Porpettini in brodo)


ローマの北、ヴィテルボの伝統的なスープをつくってくれました。




◎セコンド・ピアットもアネェーゼ担当
つくってくれたもは
f0090286_0594841.jpg

カッポーネ(メンドリ)と栗のテリーヌ(Terrine di Cappone e marrone)

カッポーネは、スープを作るときにブロードをとった後のものです。
これを、こんな風においしいテリーヌに仕上げてくれました。

付け合せは、パターテアロストと
テリーヌの手前にあるお野菜、プンタレッレ(Puntarelle)
このプンタレッレと、いうお野菜はローマの冬野菜で
アンチョヴィとオリーブオイル、ヴィネガー、にんにくで頂きましたが
とっても美味しいお野菜で、ローマにすむようになって、
気に入ったお野菜のうちのひとつです。

f0090286_113676.jpg

オレンジとたまねぎと黒オリーブのサラダ
(Insalata di Arancia e cipolla e olive nere)


◎ドルチェは、

f0090286_039185.jpg

Piazza Vittorio Emanuele Ⅱ広場近くのお菓子屋さんで
買ってきてくれた、とーっても美味しいパネットーネ(Panettone)。何件かで、買い比べて、このパネットーネにしてくれたそうです。

そして、その後ろにうっすら見えるのが、トローネ(Torrone)
アブルッツォの有名なトローネのお店Nurziaのマダムがガンベロロッソに
トローネの授業にきて、私たちは、アシスタントのお礼ということで
たくさん、頂いたのです♪

そして、もうひとつ写真でご紹介したいのは、
f0090286_0472983.jpg

カンディーティ(Canditi Siciliani)
フルーツの砂糖漬けです。

大きく豪華なカンディーティです。

そして、最後は、私のつくったパンナコッタ(Panna Cotta alla vaniglia)

昼1時から4時半まで、食べてしゃべってたのしいクリスマス会。
アネェーゼには、ナツメグ削りをプレゼントしてもらいました056.gif


その後、アネェーゼの彼のお家にも遊びにいってきました。

本当に、一日中、たべて 

たべて、しゃべって070.gif

たべて、しゃべって


体重計にのるのがこわくなってきました。

なには、ともあれ、念願のイタリアでのクリスマス♪

とってもたのしいクリスマスになりました053.gif
[PR]
by cucina_amalfitana | 2007-12-25 06:59 | ラツィオLazio
f0090286_23392334.jpg


今日は、朝からクリスマスの料理の仕込みです。
パスタをうち、パンをつくり。

ホームステイ先のマンマのカルラは、
いつも、Binbyという機械をつかって、生地を練ります。

私は、今朝スーパーマーケットにお買い物。
イタリアは25日、26日は、ほぼすべてのお店がお休みなので大混雑。
20年前の日本のお正月と似ています。

夕方、最後のクリスマスプレゼントを買いに行き
その帰りに、いつも夜は賑やかな、トラステベレの中心
サンタ・マリア・イン・トラステヴェレ前は

f0090286_234437.jpg


シーーーーーーーーン。。

と、静まりかえっておりました。

みんな、家族で、クリスマスイブの定番
お魚料理を食べているのでしょうね~。

夜は、カルラと料理の準備をしつつ、

f0090286_23442161.jpg


ツナとトマトのスパゲッティをいただきました。

そして、パネットーネ(Panettone)も。

ナターレ前から、いろんな人から頂いているパネットーネを
毎日すこしずつ食べています067.gif

今日は、まさに大晦日の気分でした072.gif
[PR]
by cucina_amalfitana | 2007-12-24 23:39 | ラツィオLazio