ローマ在住。ガンベロロッソでイタリア料理・ドルチェ勉強中のmariのブログ。イタリアワインソムリエ、オリーブオイルソムリエの視点で、イタリア料理、ドルチェを楽しんでいます♪


by cucina_amalfitana
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

f0090286_14252543.jpg

シエナに約1ヶ月ぶりに戻ってきました。
トスカーナ州の城壁に囲まれて小さな中世の町。
感動やさんなので、また今回もシエナの町の美しさに感動してしまいました(*^_^*)

イタリア中をいつも飛び回っていらっしゃるワインの専門家のブログ「イタリアを楽しもう!」のinfoitaliaさんに、以前教えた頂いたとおり、イタリアの住みやすい町のナンバー1に選ばれたのも納得な、美しくそしてとても住みやすい町です。

ちょっと不満なのは、「海がない」くらいかな。

シエナ第一弾のブログには、シエナの町(Sinea)、人(Senese)に敬意を示して、
まずは「シエナのいいところ」と「シエナの通りの写真」をUPします。

♪♪シエナのいいところ♪♪

○中世の町並みが美しい。
○治安がとてもいい。(ひったくりなどの話はまだ聞いたことはありません)
○城壁内は車はほとんど入れないので、事故の心配なく安心して歩ける。
○南で苦労したお店の長ーい昼休みがない。
○ゴミが全く落ちていない。(毎朝、清掃車が掃除しています。)
○料理がおいしい。
○すべて徒歩圏内で生活できる。
○外国人に慣れている。(シエナ外国人大学があります)





私の通学路(学校もう通っています)
f0090286_14314132.jpg



主要な3本の通りBanchi di sopra とBanchi di sottoとVia di cittaが重なるところ
f0090286_14305022.jpg



カフェテリアNannini前
f0090286_14321584.jpg

[PR]
by cucina_amalfitana | 2007-01-30 14:23 | トスカーナToscana

イタリアに戻りました。

f0090286_16195997.jpg

すっかり更新をしていませんでしたが、年末年始は、会いたかった人にも全員ではないけれど、たくさん会えたし、今まで会ったことのない方たちとも出会って刺激いっぱいを受けてきました。みなさんどうもありがとう!!今回会えなかった方、次の一時帰国7月に会えるとうれしいです。

最も寒い時期を迎えるイタリアへのアリタリアへの飛行機には少ない乗客を乗せ定刻どうりに出発。しかも機内食、生まれて初めて美味しいと感じたお肉が出てきました。う~ん、珍しくいい感じだ。喜んでアリタリアの3人掛けの席をベッドにして寝ていました。やっぱり座った態勢にと、2本連続で映画を見たら、今度は目がバシバシ(><)「プラダを着た悪魔」「pirates of the caribbean」両方とも飛行機で見るにはちょうどよい映画。

さて、今回のローマへのフライトではシチリア旅行にいらっしゃるブログ友達のmamecoroさんとご主人様に会いました♪いつも楽しく読んでいるブログでの愛嬌のある文章と絵文字、そして才能溢れるイラストを書かれているmamecoroさん。美しくしっかりとしたお姉さまでした!しかもしゃべり方がカワイイーー♪憧れのmamecoroさんに思いがけない形でお会いすることができて感激です!!離陸直前、隣の席でおしゃべり。ご主人とも仲がよく素敵なご夫妻でした。シチリアへの旅、楽しんできてくださいね♪シチリアあったかそ~。

ローマ・フィウミチーノ空港に到着したのは、夜だったので、テルミニ駅前の小さなホテル
「Hotel Tokyo」で一泊しました。今回2回目の宿泊です。ほぼ同じ時に着いた、ジンバブエ出身でロンドンでファイナンス・マネージャーをしている同い年の女の子と、日曜日一緒にローマを観光することになりました。こういう流れで一緒に行動するのは始めて。とても気品のある美人なアフリカ系の女の子です♪

f0090286_16465319.jpg私たちはホテル近くのBarで朝ごはんを食べ、(写真のトルタ・ディ・メーレ(リンゴタルト)おいしかったよ♪)、隣にいる人に写真を頼んだら、デジカメの使い方が分からなかったようで、自分の顔を撮っていました。まだヨーロッパに出てきたばかりの中東系の人だったみたいです。前、ボローニャの学校の遠足に生徒と偽って紛れこんでいた男の子もデジカメの撮り方知らなかったな~。とデジタル・ディヴァイドを感じました。「コーヒーおごってくれ」と言われたので、珍しくおごってみました。


f0090286_1645477.jpgその後はコロッセオ、ヴェネツィア広場、トレヴィの泉、ナヴォーナ広場、カンポ・ディ・フィオーリ、そして、テルミニ駅と、すべて歩いてまわりました。やっぱりローマって圧倒的な迫力がある町だなあと思います。(そう思いません?)何キロ歩いたんだろ。痩せたかな?(今回の一時帰国中は体重減らなかったの。)相棒のゴニちゃんは、とってもいい子で思いがけず楽しい遠足になりました。


ローマ・ティブルティーナ駅からシエナまでバスで行きました。去年過ごしたアパートに戻ると、暖房もちゃんとついているし(去年はあまり暖房がついていなかった)、ベッドもギコギコいわないフカフカのマットに替わっていました。

とりあえずは、快調な滑り出しでーす♪ 
でも、これから半年に渡る珍道中が待っているのでしょう。たのしみだーー。

<<ちょっとお知らせ>>
お正月にホームページを作成してみました。いかにも初心者がつくったという感じでお恥ずかしいのですが、今週中にアドレスを公開したいと思います(*^_^*)
[PR]
by cucina_amalfitana | 2007-01-28 16:00 | ラツィオLazio
今夜は横浜インターコンチネンタルでの、料理・ワインのイベントに行ってきました。
「ソムリエおすすめ・ディナー&ワイン ミシェラン2ツ星シェフ ジュゼッペ・ラヴァッラとイタリアワインを愉しむ会」というものです。

このシェフは、アマルフィ海岸のラヴェッロの5ッ星ホテル「Plazzo Sasso」にある
ミシュラン2ツ星のレストラン「Il Rossellinis」のシェフとのこと。どこだろ。
「アマルフィ大好き人間+ワイン勉強中」なので、だんなの誘いに過敏に反応。
行ってみたら、思った以上に素敵な会でした。
テーブルには4種類のグラスと料理、ワインのリストとボールペンがセッティングされていて、ソムリエから挨拶とワインの説明。フムフム聞きながら( ..)φメモメモ。
ワイン① フランチャコルタ ブリュット
辛口のすっきりとしたスプマンテ(発砲ワイン)で乾杯♪
f0090286_1641091.jpg

アンティパストは、2種類の音勢アスパラガスサラダ フランス産トリュフ風味
鶉のポーチドエッグとブッラータ添え


ブッラータというチーズは水牛の乳からつくられた超フレッシュなプーリアのチーズだそうです。初めていただきましたが、柔らかくって、とってもおいしい♪
アスパラはアルデンテ♪黒トリュフの香りがふわ~ん。
いろんな地方のいいとこどり」のこの一皿。
正直、「どの地方の料理?」と思っていましたが、春の訪れを感じさせる最高においしい一皿でした。

ワイン② ファビリッチオ ビアンキ シャルドネを頂きました。



f0090286_16411958.jpg

プリモ・ピアット:海草を練りこんだ 魚介類のラヴィオリ レモン風味のポテトソース

この形は餃子からヒントを得たのでしょうか。「緑の餃子」です(^^)
ラビオリの中身はタイとアサリでした。



f0090286_16413621.jpg

セコンド・ピアット:鳩胸肉のローストと腿肉のパートフィロ包み 旬菜チップとマンダリン添え バルサミコ風味

この鳩(ハト)は、完璧な焼き具合でした。お見事です。

(左)ワイン③ ヴァルテリーナ スーペリオーレ2002
(右)ワイン④ タウラジ2001

ワインの色の違いは一目瞭然。香りも違うし、味も違う。
レストランでワインを飲み比べることはなかなかできないので
こういった会に参加すると、いろんな種類が飲めて楽しいです(*^_^*)



f0090286_16415240.jpg

最後はドルチェ:アーモンドタルト コーヒー風味

帰り際、シェフが1テーブルずつ、挨拶に回ってきてくれました。
二つ星なのに、思ったよりも若いシェフ。
南出身とは思えない、紳士的な物腰で英語も堪能なシェフでした。
ミーハーなので、一緒に写真をパチリ(^_^)v

お料理もワインも素晴らしかったのですが、もっと感銘を受けたのは
ホテルの雰囲気と、なんといってもサービスのよさ!
7テーブルしかなかったのに、金色の葡萄のバッチが輝くソムリエの方だけでも
たしか4人くらいはついていて、料理の質問にも丁寧に説明してくださいました。
みなさん、笑顔が素敵で楽しく過ごすことができました。
インターコンチ、またいつか特別な日に行きたいなと思います。
[PR]
by cucina_amalfitana | 2007-01-17 16:47 | 一時帰国中Giappone2
先週イタリア大使館就学ビザの申請に行き、
今日、ビザを受け取りにいきました(^.^)

ビザもとれ、今はワクワクした高揚感でいっぱい♪♪♪
シエナの友達に久しぶりに会えるのも楽しみです。
1月27日に成田を出発します。


ランチは友達の勤務先近くのイタリア料理「リストランテ・エリオ」に行きました。
予約なしで行ったので1時間以内ということで席に通されました。
イイダコのパスタ・ランチを注文しました。
パスタはかなりアルデンテでイイダコは素朴な味でした。
カメリエーレは、皿をさげる時、小声で「ポッソ?」と。←「いいですか?」の意味
間違いなくイタリア人でしょう。
帰りには、10周年記念の本までご丁寧に頂きました。


ディナーは、沖縄料理「銀座竹富島」へ。
海葡萄、島らっきょう、ゴーヤチャンプルー、モズクのてんぷらなどなど。
将来のことを熱く語りあった夜でした(^^)


イタリア料理の世界は知れば知るほど楽しくなってきています。
イタリア語もイタリア料理もまだまだヒヨコちゃんですが
どんどん吸収していきたいなあ、と思います♪
[PR]
by cucina_amalfitana | 2007-01-16 14:36 | 留学準備Giappone
f0090286_15354725.jpg

今日は、茅ヶ崎に主人の友達と集合。
おさかなを「茅ヶ崎えぼし本店」に食べにいきました。

日曜日の昼時ということもあり、満員。
お店の裏では、干物を作っていました。
ミニトマトも干していたよ♪

f0090286_15372057.jpg超美人な赤ちゃんも一緒のゴハンで、平和なお昼♪

白子、ブリの刺身、クジラのステーキ、いわしつみれ揚げ、蟹焼き飯、マグロ漬け丼などを美味しいお料理を食べた後は、人気のカボチャプリン。添えられたソフトクリームもおいしかった(^^)
安くておいしくって、また食べに来たいお店になりました。

「茅ヶ崎えぼし本店」
住所:茅ヶ崎市南湖5-17-56
電話番号:0467-86-6217





f0090286_1546557.jpgその後、江ノ島などを見ながらのドライブ。
海が目の前のリストランテ・アマルフィでお茶をして帰りました。
今度は、ゴハンを食べにいきたいな♡

リストランテ アマルフィイ
住所: 鎌倉市七里ヶ浜1-4-8
電話番号: 0120-139911




湘南海岸は好きです。お魚すきだし、しらすも旨い。
どなたか一緒に、次の帰国のときまた食べにいきましょう!
[PR]
by cucina_amalfitana | 2007-01-14 15:33 | 一時帰国中Giappone2

陶芸教室「陶房花人」

f0090286_12261462.jpg

留学前は毎週土曜日、主人と一緒に陶芸教室に通っていました。
ひさしぶりに陶芸教室に行ってきました。

教室に入ると、先生、いつもの生徒さんがいらして
なんだかうれしくなりました。

ひさしぶりにロクロで遊ばせていただきました。
どうやるんだっけ?と思ったけれど、
やり始めると手が動き出し覚えていました(^^)

植木鉢を1つ作ってみました。ハーブを入れてみたいとおもいます♪
上の写真は、主人作の焼きあがったランプです。

教室はJR西八王子駅徒歩5分ですが、いつも車で通っていました。
秋は、甲州街道沿いの銀杏がとても美しいのです。
その美しい銀杏をモチーフとした保立剛(ほたてつよし)先生の作品は
伝統工芸展の常連です。

次は、いつ教室に行けるか分かりませんが、やっぱりロクロってたのしい。
土を触っているのってリラックスできます。

「陶房花人」
JR西八王子駅徒歩5分
[PR]
by cucina_amalfitana | 2007-01-13 12:23 | 一時帰国中Giappone2
f0090286_08085.jpg


一時帰国中のお楽しみは、なんといっても和食、お風呂、大型電気店、
いつでもインターネット、そして、なんといっても本屋さん♪
時間ができると、本屋をフラフラ。または楽天ブックスでお買い物♪
いま送料無料キャンペーン中なのでちょこちょこ注文しちゃってます♪

その中の一冊が、エスプレッソデザートブックです。

日本でご活躍されているプーリア州出身のイタリア人で、
「イタリア地方のおそうざい」という本を出版されているダニエラ・オージックさん
の最新本のエスプレッソ・デザート・レシピ本です。

エスプレッソのお菓子て、実はイタリアで食べたことがありません。
どんなエスプレッソのお菓子があるのかしら。

一番シンプルでおいしそうに思えた、Torta al caffè(コーヒーケーキ)
最近はまっています。と、いっても今日が2回目。
前回つくったときは、ベーキングパウダーが多かったため、かなりモッコリ。
底が膨らんでしまいました。今回は成功でした。

エスプレッソの香りと味がしっかりとするトルタです。


実は、昨日、ABCクッキングスクールの800円の体験のお菓子つくりに
参加しまして、その時、「もうすぐバレンタインですよね~。」
だなんて話をきいたものですから、ハート型に焼き上げちゃいました(*^。^*)

バレンタインの頃は、もうイタリアにいる予定なのでチョコをあげることはできません。
でも、それまでに、たくさんお菓子をつくりたいと思います。
小麦粉の消費量はすごいものです(^^)
体重計には怖くて載れません。
[PR]
by cucina_amalfitana | 2007-01-11 21:10 | 一時帰国中Giappone2
f0090286_1493164.jpg

年末、大好きなな人たちに会いました。
それは、1年前一緒に働いていた職場のチームの方たち。
赴任先から一時帰国されていたチーム長を囲む会@新宿でした。

新宿東口を出ると、人ががワンサカわんさか。
しかも、年齢層が若い!!!

イタリアで過ごした町は、南の田舎町サレルノ(Salerno)、中世の田舎町シエナ(Siena)

(どちらも、Sから始まる田舎町。若者は少ないです。)
イタリア滞在中、もちろんローマやミラノ、フィレンツェなどの都会にも繰り出しました。

が、

ローマもミラノもこんなに新宿みたいに、若者は多くな~~い!
びっくりして、それを、元同僚に話したら、
渋谷に行ったらもっとびっくりするんじゃない、って、言われていました。

そして、今日、渋谷に用事があり、約1年ぶりの渋谷。
なんじゃ、こりゃ。

若者がいっぱい!
いまだに、「やまんば」みたいなファッションの人もいるし、
(↑いま、このファッションなんていうのだろうか?)

渋谷や新宿って、ダイナミックでエナジェティックな街♪って実感。

完全に、田舎から出てきた者の心境(^^)

そんな私は、渋谷で過ごした10年前の記憶から、
大型書籍店ブックファーストにたどり着き、ビルのエレベータを登ったら、
あらら、パチンコの音が鳴り響く大型パチンコ店に迷いこんでしまったのでしたぁ。
うるさい。たばこ臭いし。ダメです。この環境。
ま、パチンコ屋がどんなところか分かってよかった。と、いうことにしてみます。

そして、夜会った方とは、いろいろお話できてとても有意義な一日なのでした。
[PR]
by cucina_amalfitana | 2007-01-11 14:06 | 一時帰国中Giappone2

ナポリの方言。

f0090286_138414.jpg

カプリ島っていうと、青の洞窟が有名。
私も幸運なことに、過去に3回入ったことがあります。

留学先していたサレルノからもアリスカーフォ(水中翼船)で
たった50分で訪れることのできる、美しい島です。

昨年秋にシエナに留学しているときに、イタリアの国営放送Rai Uno
「カプリ」というドラマが放送されていました。

映像と音楽の美しい、ドラマの宣伝に一目ぼれしつつ、
なぜかなかなか見ることができなかった番組。


昨日、Rai Clickでドラマ「カプリ」が見れるではありませんか!
もう感激!

と、いうことで昨日は「カプリ」を見ていました。

すると、なつかしい方言が!

「S」の「シュ」という発音とか。
敬称Leiの活用ではなく、2人称複数にしたりとか。



ナポリの方言って、やっぱりたのしい♪

ただ、鬼の形相で怒鳴りくるっていたドラマの登場人物が、
あの「騒音おばさん」に、似ているのが気になりました(^^);
[PR]
by cucina_amalfitana | 2007-01-10 12:54 | 一時帰国中Giappone2
東京タワーで東京を一望した後、
まずは、新仲見世通りの「やげん堀」のお店へ。七味唐辛子のお店です。

f0090286_18514270.jpgf0090286_18515814.jpg


大辛のやげん堀を竹の筒に入れてもらいました。すると、隣にいたお客さんが、「山椒多めで。」と注文しています。他のお客さんも自分の好みで作ってもらっていました。
あ~ん、わたしも山椒多めがよかった。また買いにこよっと。

「やげん堀」という名前は東京・両国の薬研堀(やげんぼり)という場所でつくられたから。
だそうです。やげん堀の香りって、ほんとたまりません。
薬味は、黒ゴマ、みかんの皮、唐辛子、焼き唐辛子、山椒、けしの実、麻の実だそうです。



やげん掘の向かいには、おいしそうなお漬物やさん「河村屋」がありました。

f0090286_18535956.jpgf0090286_18541434.jpg


味見のお漬物がいっぱいおいてあって、いくつか味見してみたら
大根のお漬物、「大江戸べったら」がコリコリして甘くておいし~~~♪♪

このお漬物は、麹(こうじ)と砂糖、塩で漬けられています。
実は、お漬物って、塩辛くてそんなに好きではないのですが、
べったらは別。おいしかったです。


さらに、テクテク歩くと、おせんべいやさんが。

f0090286_18564345.jpgf0090286_18565822.jpg


職人さんが一枚一枚焼き上げたおせんべいは、とってもおいしい♪

 
その後、合羽橋に調理道具を見に行きました。
休日ということもあり、半分以上のお店は閉まっていました。
じゃじゃーん、
f0090286_1812154.jpg

巨大なカブトムシです。


そして、また浅草に戻ってくる途中、
競馬の場外馬券場があり、周辺には、競馬のテレビがついて、
競馬新聞を持っている人でにぎわうお店がいっぱい!
昭和の時代にタイムスリップしたようでした。
そして、違う道をみると、江戸時代。伝統通りという道です。

そして、にぎやかだなと思って人ごみに近づいて中を見ると
ラモスや女子日本代表の選手など見たことのある顔が!
元プロの男子×現役女子日本代表のフットサルの試合でした。
ちょっとラッキー。最後までしっかり見ちゃいました(^^)


きて、浅草では天丼♪
「大黒屋」に8年ぶりくらいにいってきました。
f0090286_21114474.jpgf0090286_2110263.jpg


フタからはみ出ているてんぷらが豪快。フタをあけると、湯気とともにつゆにたっぷり浸かったてんぷら♪ちょっと辛いのが、おいしい♪♪

f0090286_193319.jpg
帰りには、天カスが105円で売っていたので頂いて帰りました。
やげん堀と大黒屋の天カスで、おそばかおうどんを食べるゾー♪




その後、やっと人も少しすくなくなっていたので、浅草寺に初詣。
仲見世を歩き、いま浅草で人気だという「あげまんじゅう」を食べました。
f0090286_18354175.jpgf0090286_18355751.jpg


天丼のあとに、あげまんじゅう。ちょっとやりすぎました。。

浅草って、「お江戸」の風情がそのまま残っていて、おいしいものもいっぱい!
去年、イギリス人の方を浅草にお連れしたときは、あまり感激はなかったけれど
今回は、かなり浅草が好きになってしまいました。
これも、しばらく日本を離れていたおかげでしょうか。
確実に日本文化が好きになっています。(もちろんイタリアもすきですが。)

と、いうことで近いうちに、どうじょうを食べに行こうと思います♪
浅草、ダイスキ♪おいしいお店の情報おまちしていま~す♪
[PR]
by cucina_amalfitana | 2007-01-08 18:39 | 一時帰国中Giappone2