ローマ在住。ガンベロロッソでイタリア料理・ドルチェ勉強中のmariのブログ。イタリアワインソムリエ、オリーブオイルソムリエの視点で、イタリア料理、ドルチェを楽しんでいます♪


by cucina_amalfitana
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2006年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

バトン行きます!

mixiでドラミちゃんからバトンを受け取りました。

面白そうなので、こちらに書きます。


1 回す人を最初に書いておく。(3人)
●くまさん
●pooさん
●りんださん

2 お名前は?

小学校:まりちゃん、うめちゃん、松本引っ越しセンター
中学校:まりちゃん、うめちゃん
高校:まりちゃん
大学:まりこ、まりまり
会社の人:まりこちゃん、うめちゃん
結婚後会社の人:あおきん
ブログ:自称marina (これで本名バレましたね。)

3 おいくつですか?
ないしょ

4 ご職業は?

イタリア語と料理勉強中の兼業主婦

5 ご趣味は?

陶芸、今年の4月以降全くやっていませーん。
       
6 好きな異性のタイプは?

器の大きいひと、やさしい人
  
7 何か資格を持っていますか?

普通自動車免許 (ほとんど乗らないためゴールド)
PADI (OPEN WATER)
金融系の大したことない資格いっぱい
TOEIC、等
  
8 何か悩みがありますか?

今、風邪をひき熱がある。ロキソニン(薬)のんだけれどいまいちの体調。明日病院に行こうか悩んでます。老後。

9 好きな食べ物と嫌いな食べ物

好きな食べ物:

イタリア料理(オリーブオイルを使う南イタリア料理が好き)
うにといくらのどんぶり(北海道に行きたい。)

嫌いな食べ物:

思いつかないなあ

10 貴方が愛する人に一言

いつもありがとう。

11 回す人3人を指名すると同時にその人の紹介を簡単にお願いします

●くまさん  高校の友だち。とてもかわいく、頭がよく、芯のあるひとです。
●pooさん イタリアの友だち。目が大きく美人で、会話のセンスは天才的。
●りんださん 元同僚。わたしと性格が似ている気がしますが、私よりずっと背が高い美女。
[PR]
by cucina_amalfitana | 2006-09-27 21:23 | 一時帰国中Giappone2

Muro lucano@池尻大橋

昨夜は、サレルノ同窓会第2弾!
参加者は、みんなサレルノに留学経験のある人たち。総勢8人でお店に行きました。

f0090286_15445691.jpg

(写真提供は、Ken1さん。ありがとうございます。ちょっと写真加工しました。)

お店は、サレルノでお世話になったみきちゃんのお友だちが働くレストラン。
田園都市線池尻大橋駅から、徒歩5分の「Muro lucano」http://buono.atmark.gr.jp/muro.html
このお店の名前は、南イタリアバジリカータ州の小さな町の名前で、お店にはこの町の写真が飾ってありました。と、いうことでお料理は南イタリア料理。

私たちの過ごした南イタリアということで、みんなウキウキ。
アペリティーヴォとともにオリーブオイルの食べ比べをし、その後アンティパスト・ミスト、タコのペペロンチーノ、キャベツとシラスのスパゲッティ、魚介のトマトクリーム・スパゲッティ。

そして、セコンドに選んだ、イベリコ豚が運ばれると

f0090286_15451254.jpg



なんと「ベスビオ火山」をイメージした盛り付け。
火山の周りには、バルサミコで書かれた「ナポレターナ」の文字!!!
これには、一同大感激!
私たちがいたのは、カンパーニャ州サレルノ県サレルノ市で、ナポリ県ナポリ市ではないのですが、ベスビオまでは電車で30分、ナポリでは1時間のみんなの思い出の場所(たぶん)
お店のスタッフの方のステキな演出、どうもありがとうございました。

こんやもサレルノのことやらイタリアのことなど、いっぱいお話していたら、やっぱりイタリアに行きたいと思った。でも、こうやってお友だちに日本で会えることもとってもたのしく、幸せを感じながら帰宅しました。
[PR]
by cucina_amalfitana | 2006-09-24 15:23 | 一時帰国中Giappone2

さいきんの行動

おひさしぶりです。帰国して2週間が過ぎ、プチ・ニートしています。

最近してることといえば、
美容院に行った。コンタクトレンズを買いに行った。がん検診を受けた。パスタマシーン(イタリア製の)で習った生パスタを作った。近所に住むイタリア友達と会った。かなこちゃんおススメの「イタリア語のABC」を買った。これからの留学の計画(インターネットをだらだらしている?)をしている。自動車保険の見積もりをとった。和食(ぶり大根とか)を作り楽しんでいる。ボローニャから持ち帰ったパルミジャーノ、バルサミコや、チェターラの魚醤を使って、イタリア料理を食べている。(ご飯ネタは今度更新します)今日は、カーテンを洗った。ま、そんな感じです。
f0090286_132552.jpg

昨夜はサレルノ同窓会をしました。ロスから東京出張でChewyYがやってくるのにあわせて、ひろこちゃん、みきちゃんと有楽町で待ち合わせ。成田から駆けつけているChewyYを待ちながらお茶をし、ChewyYが到着前にChewyお友だちと合流(日本人1人とイタリア人2人)。そしてみんな集まり有楽町にガード下にGo。この自由に集まっちゃうノリもサレルノのまま。

うわさにきいていた「ガード下飲み」初体験でした。
ガード下近辺に行くと、たくさんの居酒屋さんがあり、外には、ビールのケースで作ったテーブルがたくさん出ていて、ほぼ満席状態。「やきとり」だとか「ほっぴー」だとかいうちょうちんがいっぱい並び、昭和時代にタイムスリップしたようでした。モツ煮、焼き鳥だとかを食べ、かなり満足。初めて会った人たちも気さくな人たちで、楽しいひと時を過ごしました。ガード下、また行きたい!

そして、最後は女の子だけで、銀座のエルメスビル近くの喫茶店へ。コーヒーは一番安いもので1050円!エスプレッソ0.8ユーロ、カプチーノ1ユーロに慣れていたのでびっくり。しかも驚愕のまずさ。。

4人でいたら、イタリアにいるんじゃないかと錯覚するくらい、むかしと一緒。こういう友だちに出会えたことだけでも、イタリア行った甲斐はあったと思う。そして、最後は、もちろんバーチ(キスの複数形←左右2回だからね♪)して、再会を誓うのでした。


イタリアもいいけれど、日本にもいいところがいっぱいある。
イタリアに行かなければ気がつかなかった日本のいいところ、帰国直後の感激がどんどん薄れてきているので、急いでちょっと載せてみます。


日本のいいところ、

シエスタがなく、お昼もお店がOPEN
(イタリア:お昼休みは、夏は1時半から5時まで)

日本語で話せる
(イタリア語生活、きつかった~)

しょう油をつかったお料理がおいしい
(しょう油の存在忘れていました)

だんながいる

日本式のお風呂でじゃぶじゃぶ体を洗うことができる、しかも毎日ね。
(シャワー壊れてお湯がでなくて、水のシャワー浴びたこともあった)

ビックカメラで、欲しい電化製品が簡単に手に入る
(南イタリアには、小さな電気屋さんでさえ探すのに苦労します)

いつでも無線のインターネットに繫がっている
(これ日本の奇跡)

駅に、切符の自販機、路線図、運賃表まである
(タバコ屋さんでしか買えない切符があったりする。日曜はタバコ屋さん閉まってるしね)

スーパーで肉、魚が買える
(肉は肉屋さん、魚は魚屋さんと、分業されていました)

日本人といると安心できる
[PR]
by cucina_amalfitana | 2006-09-21 01:00 | 一時帰国中Giappone2

一時帰国しました

4月から8月までのイタリア留学を終えて、昨日帰国しました。

イタリア留学の後は、パリに立ち寄り4日間滞在しました。

パリ出発の朝、ホテルからスーツケースをゴゴロゴひき、空港バスが出発するオペラまで向かいました。2車両続きの長いバスに乗り込み、運転手さんに代金を支払います。英語も通じます。さすがパリ。そして、空港に到着し、チェックインを済ませると、座席は2番!?むむむ?もしかしてファーストクラス?どうして?エールフランスのラウンジでカプチーノとパンをいただきます。


機内に乗り込むと、座席もゆったり。お食事も、陶器の器にのって順番に出されました。前菜はフォアグラ、イチジクのチャツネ添え。昨夜パリで訪れたレストランとほぼ同じでした。メインはチキン。そして、イチゴのアイス。翌朝の朝食は、クレープ。

f0090286_0581670.jpg


シートにはマッサージ機能もついているし、極楽気分で「American Dreamz」、「県庁の星」を観て、食事のあとは、180度まで席を倒して睡眠。よ~く眠れました。ハイ。

こうして、生まれて初めて、そしておそらく二度と乗ることのないファーストクラスに別れを告げ、成田空港に到着するのでした。そして、空港で出張から帰国する夫を約8時間待ち、「快適な空の旅」のおかげで残っていた体力を使い果たしてから、いつものようにクタクタになって自宅に戻るのでした。

イタリア留学前のポルトガル滞在(2週間)、サレルノでの語学学校(4ヶ月)、ボローニャの料理学校(2週間)、そして最後はパリ(4日)。

イタリア滞在中は、南イタリアの不便さにイライラしたり、困ったときに助けてくれるあったかいイタリア人たちに心がじんわりしたり、美しい風景に心奪われたり、普段会うことのできない様々の人たちと知り合い、いろんな習慣、考えを知ったり、毎日脳が刺激されるのを感じるとこができる、楽しい滞在でした(^^)南イタリアの暑い太陽に、体が溶けていた時期もありましたが・・。

イタリアで出会った人たちとの思い出は、みーんなわたしの大切な宝物になりました♪

しばらく東京に滞在し、また秋ごろから、イタリアに留学する予定です。
留学先がきまったら、またご報告します。時間があれば、途中更新していなかったシチリア旅行など、更新してみようと思います。
[PR]
by cucina_amalfitana | 2006-09-05 20:13 | 番外編:フランスFrancia