ローマ在住。ガンベロロッソでイタリア料理・ドルチェ勉強中のmariのブログ。イタリアワインソムリエ、オリーブオイルソムリエの視点で、イタリア料理、ドルチェを楽しんでいます♪


by cucina_amalfitana
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:ラツィオLazio( 172 )

f0090286_7561577.jpg


ローマのバールで、魅力的なパンを見かけました。
名前は、マリトッゾ(Maritozzo)といいます。
なんだか、まるまるしていて、カワイイですよね。
店員さんに、「美味しい?」
て、尋ねたら、「美味しいわよー。」
と。じゃ、と、本当はエスプレッソだけのつもりだったのに、食べちゃいました。
これが美味しいんです!!パンもフカフカで生クリームが美味しい♪
この生クリーム入りのものを、マリトッゾ・コン・ラ・パンナ(Maritozzo con la panna)

パスクワ(Pasqua、イースター、復活祭)の前の40日間は、
クアレージマ(Quaresima)
といって、肉食を断つ期間。
いまでは、あまり気にしないイタリア人も多いそうですが、
バチカンのあるローマでは、今でも、クアレージマの期間の金曜日(キリストが処刑された曜日)は、
お肉を食べないようにしている人が結構います。

そんな禁欲生活をしていたクアレージマの期間に、
ローマで作られるようになったドルチェがマリトッゾ(Maritozzo)

オリーブオイルを使用した発酵パンに、レーズン、松の実、オレンジの皮などを加え、
風味を増して、そこに、生クリームのホイップをたっぷりのせたもの。

マリトッツィを1個たべるだけで、お腹一杯(*^_^*)
お肉を食べなくても、十分なほど、リッチなパンなのでした053.gif


Dolce Desideri
Piazza Enrico Fermi,35
Roma
Tel 065566605
Roma del Gambero Rosso 2009掲載店

気に入って頂けたら、クリック投票お願いしたします053.gif
にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ
[PR]
by cucina_amalfitana | 2009-04-10 06:14 | ラツィオLazio

朝から大騒音

f0090286_1264690.jpg

夕方のサンタ・マリア・イン・トラステヴェレ(3月31日撮影)


トラステヴェレの、サンタ・マリア・イン・トラステヴェレのすぐ近くの我が家

毎時と、毎15分ごとに告げる鐘の音で、お目覚め053.gif

なんですが、、、


ここ数日。


ガッガッ

ガッガッガッ

ガッガッガッガッガッガッ

ガッガッガッガッガッガッガッガッガッ


と、いう、けたたましい騒音とともに目が覚めます。



正体は、これです。


f0090286_1272691.jpg


ガス管工事。


ガスのチューブを取り換えているらしいのです。


チューブを取り換えるために、壁を壊す。


大胆な工事手法です。


昨夜は、この工事のために、ガス漏れもあって、


消防士さんたちが何人もかけつけていました。


ご近所の方たちは、見ていましたが、


私は、買い物に行くといって、2時間ほどお散歩してお外で過ごしました。

だった、こわいもの。


ガス爆発しないことを祈っていてください。




気に入って頂けたら、クリック投票お願いしたします053.gif
にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ
[PR]
by cucina_amalfitana | 2009-04-10 01:03 | ラツィオLazio
日本においても、イタリアの地震が大きく取り上げられていて、

大丈夫?とメールや電話で、連絡をしてくださった方々に本当にお礼申し上げます。


このブログを見てくださっている方々は、イタリアにお知り合いも多くいらっしゃり

心配されている方もおられるかと思います。


現在、イタリアで発表されている犠牲者の方々のお名前です。


お悔やみ申し上げます。


Nurije Abdija
Alena Airulai
Carmine Alessandri
Silvana Alloggia
Irma Andreassi
Maria Antonella Andreassi
Loreto Andreassi
Giusepa Antonacci
Stefano Antonini
Maurizio Antonini
Maria Assunta Antonucci
Anna Basile
Agata Bassi
Ines Battista
Bruno Berardino
Maria Pia Bernardi
Giovanna Bernardini
Valentina Berti
Giovanni Biasini
Darinca Bobu
Anna Bernardina Bonanni
Sara Bronico
Giulio Brunelli
Filippo Maria Bruno
Angela Calvi Bolognese
Maria Calvisi
Antonika Canu
Lidia Carletto
Annamaria Carli
Augusto Carli
Claudia Carosi
Giovannino Carpente
Luigi Cellini
Andrea Centi
Ludovica Centi
Antonio Centi
Rocco Centi Pizzutilli
Marìja Chernova
Achille Chiarelli
Katia Cialone
Elvizia Ciancarella
Adalgisa Cicchetti
Anna Cimini
Matteo Cinque
Davide Cinque
Danilo Ciolli
Concetta Cirnorroni
Dario Ciuffini
Nadia Ciuffini
Anna Cocuo
Ada Emma Colaianni
Antonina Colaianni
Elisa Colaianni
Daniele Colaianni
Giovanni Compagni
Alessandra Cora
Rocco Corridore
Giovanni Cosenza
Luigia Costantini
Angela Antonia Cruciano
Andrea Cupillari
Osvaldo D'amore
Giannina D'Antonio
Lisa De Angelis
Fabio De Felice
Antonio De Felice
Alexandro De Felice
Lorenzo De Felice
Luigi De Iulis
Anna Maria De Paolis
Panfilo De Vecchis
Sara De Vecchis
Serafina Deli
Maria Della Cruz
Alfredo D'Ercole
Giuliana Di Battista
Luca Di Cesare
Maria Di Giacobbe
Stefania Di Marco
Paolo Di Marco
Alessio Di Pasquale
Alessio Di Simone
Odolina Di Stefano
Domenica Di Stefano
Caterina Di Vincenzo
Assunta D'Ignazio
Corrado Dottore
Boshti EI Sajet
Liliana Elleboro
Adriana Enesoiu
Andrea Esposito
Francesco Esposito
Domenica Fabi
Filippo Ferrauto
Claudio Fioravanti
Elpidio Fiorenza
Chiara Gemanelli
Laurentiu Costantin Ghiroceanu
Antonio loavan Ghiroceanu
Salvatore Giannangeli
Vincenzo Giannangeli
Piervincenzo Gioia
Luigi Giugno
Francesco Giugno
Armando Giustiniani
Kristina o Marina Grec
Demal Hasani
Refik Hasani
Franca Ianni
Maria Incoronata Iberis
Piera Innocenzi
Vassili Koufolias
Giovanna Lippi
Pasqualina Lisi
Laura Longhi
Carmelina lovine
Giuseppina Lusaro
Elide Marcotullio
Maria Gilda Marrone
Lina Loreta Marrone
Maria Fina Marrone
Giuseppe Marzolo
Patrizia Massimino
Luana Mastracci
Luisa Mastropietro
Valeria Mazzeschi
Roberto Migliarini
Maria Civita Mignano
Francesca Milani
Silviu Daniel Murtean
Cesira Pierino Nardis
Vincenza Negrini
Francesca Olivieri
Francesco Olivieri
Valentina Orlandi Argenis
Valbona Osmani
Maria Gabriella Paolucci
Arturo Papola
Anna Parabok
Maria Paola Parisse
Domenico Parisse
Sonia Pastorelli
Alessandro Pastorelli
Iole Pezzopane
Susanna Pezzopane
Benedetta Pezzopane
Tommaso Pezzopane
Ilaria Placentino
Andrea Puliti
Ilaria Rambaldi
Oreste Ranieri
Carmen Romano
Michela Rossi
Annamaria Rossi
Silvana Rotellini
Martina Salcuni
Antonio Salvatore
Anna Santilli
Edvige Sbroglia
Maria Scimia
Serena Scipione
Ernesto Sferra
Bruno Sidoni
Emidio Sidoni
Emanuele Sidoni
Vittoria Silvestrone
Francesco Smargiassi
Assunta Spagnoli
Claudia Spaziani
Aurora Sponta
Marino Tamburro
Giuliana Tamburro
Paola Tomei
Raffaele Troiani
Giuliana Turco
Maria Urbano
Matteo Vannucci
Vittoria Vasarelli
Daniela Visione
Federica Vittorini
Armedio Zaccagno
Sergio Zaninotto
Guido Zingari

(08 aprile 2009)
[PR]
by cucina_amalfitana | 2009-04-09 02:07 | ラツィオLazio
f0090286_16171239.jpg
La Repubbulica紙より

また、今朝、揺れたようです。すっかり、眠りこけていました。


さて、地震について、日本の耐震技術について、こちらで話題になっています。

イタリア・フェラーラ大学のAlessandro Martelli氏が、

震度7の地震に対しての予測死者数は、
イタリア本島の南部においては5千~1万1千人に対して
日本では、わずか50人。

そして、さらに強い震度7.5に対しては、
南イタリアのカラブリア州で、1万5千~3万2千人に対して
人口密度の高い東京で400人。

と、いうような予測を発表しているからです。

東京の400人というのは、どうかな??と思いますが。

とにかく、日本の、進んだ耐震技術が話題になっています。

その中心が、ビル、住宅に使用される、

柔軟性のある軟鋼材と
骨組みの周りにカーボンファイバーのバネ



私は震源地にいたわけではないので、実際のところはわかりませんが、
日本での同程度の地震に比べて、イタリアでは
多くの方が、建物の下敷きになってしまったことに驚きをかくせません。

イタリアの友人とのスカイプで、

「日本は地震国だけれど、素晴らしい技術があるんでしょ?」と。

日本の耐震技術発展は、阪神淡路大震災以降のこと。

大きな地震に見舞われてしまったイタリアから日本へ

熱い視線が送られているのは、間違いないようです。
[PR]
by cucina_amalfitana | 2009-04-08 16:14 | ラツィオLazio
f0090286_5344615.jpg
ANSA通信より

2時間ほど前も、家でお料理中に揺れました。
ローマでは、日本でいうと、震度2程度の揺れを感じました。

いまニュースをみてみたら、マグニチュード5.3だったそうです。

La Repubbulica紙によると
アブルッツォ州で、もうすでに228人の死者が発見され
まだ、100人以上の人が、建物の下敷きになっているそうです。

一緒に住む、大家さんは警察官で、明日からアブルッツォに赴く当番で
崩れた建物から、まだ、見つかっていない行方不明者を探しにいきます。

先ほど久しぶりに会い、お話しましたが、
どうやら、彼女は、真夜中の地震に気がつかなくて、ぐっすり眠っていたとのこと。
いつも、いろんな事件で、真夜中も身を粉にして働いているので、疲れているのでしょう。

イタリアの警察官は、おしゃべりしていたり、制服でバールでコーヒー飲んでいたり、
働いていないと、言われがちです。

でも、いま初めて警察官と一緒に住んでみて、
こういったお仕事をしている方々への感謝と尊敬の気持ちがわいてきます。






気に入って頂けたら、クリック投票お願いしたします053.gif
にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ
[PR]
by cucina_amalfitana | 2009-04-08 04:29 | ラツィオLazio
f0090286_19444025.jpg
ANSA通信より


4月6日の未明に、ローマを首都とするラツィオ州のおとなり、
アブルッツオ州で、マグニチュード6.3の地震が起きました。
日本のみなさま、心配してくださってありがとうございます。
私は、大丈夫です。

真夜中に、寝ながら、あ、ゆれてる揺れてる。と、目を覚ましました。
時計を見ると、3時半くあい。
揺れの感覚は、日本の震度2か3くらいでした。
夢かなあ~。なんて、思いながらも、

3年暮らしたイタリアでは、経験したことのない大きな揺れだったので、
寝ながら、ベッドちかくに落下する危険があるものがあるかチェック。
とくになさそうなので、閉じ込められないように部屋の扉を開けておき、
揺れがおさまったので、そのままスヤスヤ、寝てしまいました。

翌朝、学校にいって、友達から、「地震に気がついた?」
と、言われ、やっと地震が夢ではなく、ほんとにあったことだとわかり、
しかも、アブルッツォが震源で、死者が16人くらい発見されているらしい、
と、いうことを聞き、ことの重大さを知りました。

今、現在では、180人くらいの死者が報告されているとのこと。

イタリア人のお宅に訪問すると、日本では考えられないような、
インテリアの配置をしていることをよく見かけます。

よくあるパターンが、ベッドの頭の壁のマリア様の像。
地震が起きていたら、マリア様に見守られるどころが、頭蓋骨を打たれてしまう。。。。
ひい、コワ。。

さらに、壁に簡易的に備え付けられている本やビデオ、DVDなどののオサレなラック。
震度2の地震くらいでも、簡単に落ちてきそうです。

建物の設計上のことは、設計のプロでもなんでもないので、言えませんが、
素人の私でも、イタリアの人って、地震のことを考えない、インテリアの配置してると、思います。

夜、家に帰り、家の人と話していると、
とある地質学者が、「近々、大きな地震が起こりえるだろう。」と、予測をしていて、
それに対して、国民を脅してはいけないと批判がでていたそうです。
でも、これは占い師の予言ではなく、科学者の予測。あたってしまったそうです。

日本では、北朝鮮のミサイル?発射についての報道が、今まで経験がなくてやりすぎだった
なんて、いう、イタリアとの逆の批判が後からでたそうですが、
情報はなるべくたくさんあった方がいい、しかも精度の高いものを。、と思います。

防犯については、日本よりも、はるかに意識が強いイタリアですが、
地震は日本より少ないので、耐震についての意識が低いイタリア。

起きてからではないと、なかなか、実感ができない、のだと思います。
これを機に、イタリアでも、日本のように耐震についても知識や意識が高くなるといいなと思います。

と、いっても、、自然災害は、個人の努力はさることながら、
国家の努力によって完全に防げることは、絶対にないと思います。
自然は美しくものありますが、恐ろしいほどの力を人間に見せつけることがあります。
それは、とても人間の力では及びません。

まらうら若き10代の学生時代、体育のスキンダイビングの授業で、
泳法に慣れてきた最終日に、「伊豆の海を、隣の海岸まで泳ぐ」ということをしたことがあります。(防衛大出身ではありません。)
約1時間近くかけて、泳ぎましたが、途中、波にもまれながら必死に泳ぎ、たどり着きました。
海は美しくもあり、恐ろしいものだと思いました。
その夜は、筑波大の客員教授を囲み、自然について語り合った思い出します。

ラクイラで多くの方が犠牲になっているとのこと。
亡くなられた方、怪我をした方、家の失ってしまい途方に暮れている方々。
また、ご家族、友人のことを考えると、大変心が痛みます。

犠牲者の方にお見舞い申し上げます。
[PR]
by cucina_amalfitana | 2009-04-07 19:40 | ラツィオLazio

今日つくったドルチェ

f0090286_936747.jpg


昨日、イタリアのドルチェの基本のクリームやら生地やら、
いろいろ、教えてもらって、今日は、ひたすらいっぱい組み立てました。



気に入って頂けたら、クリック投票お願いしたします053.gif
にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ
[PR]
by cucina_amalfitana | 2009-04-02 09:36 | ラツィオLazio

これがなかったのよね。

f0090286_9272948.jpg


今夜は、友達とトラステヴェレのピッツェリアに行ってきました。

「日本にいてイタリア料理、恋しかったでしょ~。」

と、尋ねられて、「結構、イタリアンは食べていたんだけれどね」

でも、手に入りずらい食材もあるでしょ?

と。

たしかに、ズッキーニの花、イタリアで普通に食べていたのに、
日本に帰国していた約半年間、一回も食べなかったです。
カボチャの花、日本でも料理用に、もって気軽に使えるようになるといいなあ。


気に入って頂けたら、クリック投票お願いしたします053.gif
にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ
[PR]
by cucina_amalfitana | 2009-04-02 09:29 | ラツィオLazio

友達

f0090286_991535.jpg


パン・ディ・スパーニャ(PAN DI SPAGNA)
つまり、スポンジケーキがきれいに焼けました。
写真をとったら、ピースが!
私のドルチェのクラスに、イタリア人に交じって勉強している物好きの外国人が
私以外にもいました。
いつも、

オナカスイター

と、声をかけてくる彼女。

メキシコ人なので、スペイン語を話すのですが、
una casita(ウナカシータ)というのが、
スペイン語で、ひとつの家という意味で、
日本語の「お腹すいた~」聞こえる、スペイン語らしいです。

私よりも年上でメキシコでは弁護士さんの仕事をしているという彼女。
職業からは想像できない、のんびりで、ノリがいい。
ウレシイです。ガンベロロッソで初の外国人の友達ができました053.gif



気に入って頂けたら、クリック投票お願いしたします053.gif
にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ
[PR]
by cucina_amalfitana | 2009-04-02 08:58 | ラツィオLazio
f0090286_736341.jpg



パスタ・フロッラ(クッキー)にジャムや
ヌテッラNUTELLAと呼ばれるチョコレートクリーム製品を真ん中にのせたドルチェ。

イタリアのお菓子屋さんでよく見かけます。


名前は、オッキ・ディ・ブエ(Occhi di Bue) というそうです。

意味は、牛の目

目玉焼きのことも、ウオヴァ・アロッキ・ディ・ブエ(Uova all’occhio di bue)

つまり、牛の目風の玉子と、いう意味です。


みなさんどうでしょう。


牛の目ですかねえ~。
[PR]
by cucina_amalfitana | 2009-03-27 07:13 | ラツィオLazio