ローマ在住。ガンベロロッソでイタリア料理・ドルチェ勉強中のmariのブログ。イタリアワインソムリエ、オリーブオイルソムリエの視点で、イタリア料理、ドルチェを楽しんでいます♪


by cucina_amalfitana
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:ラツィオLazio( 172 )

f0090286_23474661.jpg

ワスクワの日のランチ、毎年、同じものを食べるらしい。




1.ラザニア(Le Lasagne)


2.カルボナーラ(Carbonara)


3.トルタ・ルスティカ(Torta rustica)


4.アバッキョ・アル・フォルノ(Abbacchi al forno)





お料理勉強中の私は、ラザニア当番になりました。






美味しいラザニアを作る秘訣を、お肉の材料に内臓


コンチェントラート・ディ・ポモドーロを入れるという、ボローニャのマリオ




ラザニアの生地の作り方は、ガンベロロッソの教授、星付きシェフのイグレス




そして、食べる人へのアモーレ(愛情)が大切だ、いつもいっていたレッジエロの教えを守り、




美味しくできましたチョキ




みんな、とっても喜んでくれて、お料理は、食べてもらうのが幸せだなドキドキ




と、思いました。









ベル人気ブログランキングに参加してみました


気に入って頂けたら、今日もクリックしてください 右矢印 人気ブログランキングへ


[PR]
by cucina_amalfitana | 2009-04-12 14:00 | ラツィオLazio
f0090286_2342555.jpg

イタリアでのパスクワ(イースター)の恒例行事。




それは、玉子型のチョコレートの交換会。




アニアの親戚、私、もう一人の下宿人、アニアの息子の彼女




と、合計9人




の食事会。




あさから、卵がゴロゴロ合格ころがっていました。




数えはしなかったけれど、






一人平均2個もらったとして、合計20個くらいかな??






アニアは、ローマのトラステヴェレ地区で、歴史的なお菓子屋さんValzani




名前入りチョコレートを用意してくれていました。




これには、感激でしたラブラブ




ちなみに、息子には、「お城のエンジェルへ」





と、メッセージが書かれていました。





Valzani
Rome del Gambero Rosso掲載

ベル人気ブログランキングに参加してみました


気に入って頂けたら、今日もクリックしてください 右矢印 人気ブログランキングへ



気に入って頂けたら、クリック投票お願いしたします053.gif
にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ
[PR]
by cucina_amalfitana | 2009-04-12 12:38 | ラツィオLazio
f0090286_23343281.jpg




今日は、パスクワ(イースター)




キリストの復活を祝って、親戚でお祝い。




そんなことで、大家さんと大家さん弟ファミリーでの朝食会 




(その後は昼食会に)




朝10時からはじまった朝食会に出されたのが、




このワイン、ロマネッラ(Romanella)という




甘口のフリッザンテ(微発泡)ワイン





ローマの南側に位置する、カステッリ・ロマーニ地区で生産されているワインだそうです。




アルコール度数は、とても低く10%くらいで、ガスを注入したもの。




味は、ブドウジュースのよう。




面白かったのが、大家さんの弟の奥さんと、息子、そしておばあちゃんたちは。




フリッザンテの水(ガス入りの水)に入れて飲んでいたこと。





私と同じようにこのお宅に下宿している、アイルランド人のエイリーンは、




「アイルランドでは、ワインは特別なものだから、水にまぜることはない。」







と、語っていました。日本もやっぱりそうですよね。




キャンティに住んでいるときも、やっぱり地元の人たちが




お水にワインを入れて飲んでいたりするのをよく見かけました。






日本では、ワインはおしゃれで素敵で特別なもの。




気取って飲む。と、いうような感じを受けるときがありました。




もちろん、輸入されるので、輸送量、保険料、検査料、流通コストなどがかかってしまうので、




値段も現地の3倍、5倍と高くなり、とうぜん貴重なものであるのですが。






ところが、ワインの産地に行けばいくほど、




ワインは水と同じような感じに、ごく普通の飲み物ととらえられています。




特に、イタリアワインは、ワイン自体が美味しいということは、残念ながらほとんどなく、




お料理と合わせて、美味しくなるんだな~、




と、この庶民的なロマネッラと、サラミ、コロンバを合わせながら感じていました。




と、つくづく思ったのでありました。









ベル人気ブログランキングに参加してみました


気に入って頂けたら、今日もクリックしてください 右矢印 人気ブログランキングへ




気に入って頂けたら、クリック投票お願いしたします053.gif
にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ
[PR]
by cucina_amalfitana | 2009-04-12 12:00 | ラツィオLazio
f0090286_2365888.jpg

今日は、パスクワ(イースター、復活祭)

一緒に住む大家さんのアニアと、アニアの弟ファミリー+ワンコが、やってきました。



毎年の恒例で、朝10から朝食、14時からランチと、2部構成らしい。



朝ごはんは、



ゆでたまご




コロンバ




サラミ




ロマネッラという甘口発砲ワイン




卵型のチョコレート






驚いたのが、このゆでたまご

アニアの弟の息子が、ゆでたまごに絵を描いて、

それを、アクア・サンタでゆでて、司祭がお祈りをしたという神聖なゆで玉子なんです!






ありがた~く、頂きました


ベル人気ブログランキングに参加してみました


気に入って頂けたら、今日もクリックしてください 右矢印 人気ブログランキングへ


[PR]
by cucina_amalfitana | 2009-04-12 10:30 | ラツィオLazio
f0090286_6272053.jpg


ハープとフルートのミニコンサートの後には、

白ワインと会場になっている本屋さん併設のバール手作りされた

ドルチェがふるまわれました。



これが、わたしの大好きな、コーンフレークのビスケット



ビスコッティ・アイ・チェリアーリ

Biscotti ai cereali




松の実、レーズンが入った生地に、コーンフレークをまぶして

オーブンで焼いた、簡単なイタリアのドルチェです。



コーンフレークを上手に利用した、美味しいイタリアのドルチェです



そして、右は、バナナのケーキ。




白ワインは、



SATRICO

Casale del Giglio

http://www.casaledelgiglio.it/indexflash.html



シャルドネ、ソーヴィニォン、トレッビアーノ・ジャッロ


透明感のある麦藁色

リンゴやアカシアの花のような香り。

辛口ワインですが、ドルチェにも合わせることができるのがわかりました。



気に入って頂けたら、クリック投票お願いしたします053.gif
にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ
[PR]
by cucina_amalfitana | 2009-04-11 23:59 | ラツィオLazio

乙女な気分になる方法

f0090286_4543111.jpg

今夜は、同居人のアイリーンと彼女の同僚でアペリティーヴォ

トラステヴェレをグルグル、歩いて、おしゃべりして、また、歩いて

そして、素敵な場所に行ってきました



しかも、家の近所。




カフェも併設されていて、こだわった本が並ぶ、本屋さんなのですが、

ハープとフルートのミニコンサートがあったので参加してきました。



小さな空間に、参加者は40人くらいの、家庭的なコンサート。



このコンサートは、フェデリコ・フェリーニの映画やフランシス・コッポラの

ゴッド・ファーザーのテーマ曲を作曲したニーノ・ロータの追憶コンサート

(前日、4月10日が命日だそうです。)



ニーノ・ロータの曲以外も、私の大好きなドビュッシーを



すぐ目の前で、フルートとハープで奏でられ、聞き入ってしまいました~。



子供のころは、月に最低1度は、コンサートに連れていってもらっていたのに、



大人になってから、全然いっていない。



普通の人が、自由になるような日時は、必ず仕事だという



レストランの仕事をしているときは、こんな時間がありませんでした。



今は、夜や週末は自由にできるので、



本当に、こういうときに仕事をしている方たちに感謝感謝です



やっぱり、クラシックはいいですね~。



心に響きます。



ハープの音色は素敵すぎます。



もし、私に子供がいたら、ハープを弾かせたい。



ひそかなゆめです






Bibli
Via dei Fienaroli, 28
I-00153 Trastevere Roma.

Tel.: 06-5814534

http://www.bibli.it/



気に入って頂けたら、クリック投票お願いしたします053.gif
にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ
[PR]
by cucina_amalfitana | 2009-04-11 23:53 | ラツィオLazio
f0090286_40357.jpg


イタリアにいるからには、地元のワインを飲みたい、、



そう願っています。



ローマにいるので、やはり他の地区では、あまり手に入らないもの。



と、いうことで、



Marino DOCを飲んでみることにした。



ボトルから、グラスに入れたら、水のように透明な白ワイン。

ライチやパイナップルのようなフルーツの香りが心地よく

口当たりはとても軽くて、水みたい。。。

のども渇いていたので、一本軽く飲んじゃいそうでした。



アルコール度数は、11%

ブドウ品種は、

マルヴァシア・デル・ラツィオ(ディ・カンディア)(Malvasia del Lazio e di Candia)

トレッビアーノ・トスカーノ(Trebbiano Toscano)

ボンビーノ(Bombino)

ベッローネ(Bellone)




(やばい、やばい。今、実は、ワインは控えているんです。

と、いうのも、やはりソムリエの仕事をしていて、夜も遅かったため、肝臓が悪くなっているのです。

う~~ん、オヤジ化進んでます。

いまは、ドルチェばかりつくっているので、今度は、糖尿病に気をつけなければ、、)



さてさて、私の健康話は、どうでもよく、、



お料理との相性は、パスクワ前に控えて、フンギのパスタと軽めでとっても良かったです


ゴットドーロ(Gotto d'Oro) という、カンティーナ・ソーチャーレ(協同組合)の生産。



1945年創業。

ローマ県の南部カステッリ・ロマーニ地区で初めて設立されたカンティーナ(ワイナリー)。

地元の小さなブドウ生産者がブドウをここにもちこんでいます。



なんと、Marino DOCの95%が、ゴット・ドーロで作られているそうです。



ほかにも、



フラスカティDOCのの15%

コッリ・アルバーニDOC(Colli Albani DOC)の20%

ラツィオ(Lazio IGT)の15%


と、いうのも、このマリーノ、いくらだったかとおもいますか??



なんと、たった、2.8ユーロ(約、350くらい)



暑いローマの夏には、ぴったりの白ワインかとおもいます。



気に入って頂けたら、クリック投票お願いしたします053.gif
にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ
[PR]
by cucina_amalfitana | 2009-04-11 14:29 | ラツィオLazio
f0090286_2303082.jpg


今日は、パパに会いに行きました。場所は、ローマのコロッセオ。

今日は、キリストが十字架に磔になって、死んだとされている日。
2日後の日曜日には、復活するのですが、それが、復活祭。
英語でイースター、イタリア語でパスクワって、呼ばれている日です。

さて、ローマは、この日、
VIA CURCIS CON IL PAPA AL COLOSSEO
と、いう、祭事があります。

コロッセオで、ローマ法王(パパとイタリアでは呼ばれています。)と一緒に
イエスキリストが歩んだ受難を、世界中からの信者と振り返る、
と、いうような行事です。

コロッセオに向かうと、シスターやら、
服部料理の服部さんが着る洋服の襟のような身なりの男性
(聖職者のことです。すみません。こんな表現で。。。)でいっぱい!!!

パパが現れるという、場所に陣取りました。

f0090286_233438.jpg


パパ出現!!
信者ではないけれど、感激しました!
遠くに見える、パパ、オーラがありすぎです。

朗読の声が若かったのですが、これは他の方の声だったのでしょうか。
重要なフレーズは、何カ国語かで話すのですが、
これも、いろんな人の声に聞こえました。
パパの声は、ちゃんと聞こえたのでしょうか。わたくし。

RAI(イタリアのNHKみたいなもの)のカメラが巨大なクレーンでクルクル回っていて
イタリア中で生放送されているようです。

とにかく、コロッセオに凱旋門、そして、十字架、
そこで、法王がキリストの受難についてのお話をするという、

あり得ない状況に、

ここどこ??

いつの時代にいるの????

と、いうような、なんとも不思議な感覚に襲われました。
これは、たぶんどこの教会でも味わえない状況だと思います。
と、いうことで、パスクワ(イースター)の時期、
多くの信者がローマにやってくるのでしょうね。




気に入って頂けたら、クリック投票お願いしたします053.gif
にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ
[PR]
by cucina_amalfitana | 2009-04-10 23:58 | ラツィオLazio
f0090286_1915518.jpg

サンタ・マリア・イン・トラステヴェレ


f0090286_19182771.jpg


今日は、ヴェネルディ・サント(聖金曜日)
この日は、イエスキリストが十字架に磔になり亡くなった日とされているようで
ヴェネルディサントの祭儀が、夜6時から開かれました。

前半は、司祭の朗読などがあり、
後半は、後ろの方に置いてあった、赤い布の下にあった、十字架が前に運ばれ、

みんなが、席を立ち、真ん中によって行きます。

f0090286_19472747.jpg


なにしているんだろう、と思っていたら、キリストの足元に跪きキスをしていました。




気に入って頂けたら、クリック投票お願いしたします053.gif
にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ
[PR]
by cucina_amalfitana | 2009-04-10 19:46 | ラツィオLazio

お引っ越し中

突然ですが!

エキサイトから、アメーバブログにお引っ越し、のつもりだったのですが、

エキサイトブログからの過去の記事のインポート機能がないために、

二の足を踏んでいたのですが、、


アメーバブログに別宅を設けます。

エキサイトブログでであった皆様、これからもお付き合いよろしくお願いいたします。


そして、アメーバブログをお持ちの皆様、ぜひ、遊びにきてね053.gif


まだ、アメーバブログの使い方がよくわかっていないのですが、

(アメーバって、小さい写真しか表示できないのでしょうか???)


なにはともあれ、よろしくおねがいもうしあげます。




気に入って頂けたら、クリック投票お願いしたします053.gif
にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ
[PR]
by cucina_amalfitana | 2009-04-10 18:50 | ラツィオLazio