ローマ在住。ガンベロロッソでイタリア料理・ドルチェ勉強中のmariのブログ。イタリアワインソムリエ、オリーブオイルソムリエの視点で、イタリア料理、ドルチェを楽しんでいます♪


by cucina_amalfitana
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:留学準備Giappone( 41 )

銀座KAZAN

f0090286_22114783.jpg


イタリア料理業界の大御所ブロガーさまたちとの会食に行ってきました。

暗い店内で、一斉にカメラです。
これも、仕事仕事(^u^)みなさん、ほんとうに写真が上手なのです。

シチリアン・ドルチェの専門家のREIさまと、C氏を囲み、
オリーブオイルのインポーターのルナ・エ・ソーレさま
イタリア料理研究家のユキキーナさま
と、ご飯を食べにいってきました。



ルナ・エ・ソーレさんとは、ローマで何回かお会いし、
レイさん、C氏、ユキキーナさんとは、昨年ピエモンテ美食合宿をして以来。

それが、ドッカン、ドッカンと盛り上がりまして、

お店の方に、

「あのー、他のお客様がいらっしゃいますので、ちょっとおしずかに。。」

と、注意されちゃいました。
楽しい方といると、つい、つい盛り上がってしまって、、(汗、汗、)
スミマセンでした。

日本では静かに食事をするのが礼儀作法ですものね。気をつけます。

イタリア人から見ると、日本人観光客が黙々とレストランで食べる姿が不気味らしく
イタリアでイタリア人の友達とご飯にいき、日本人が近くにいると
「なんで、日本人は無表情に黙々とご飯を食べるの?日本人ってヘンだね。」
なーーんて言われて困ってましたが。

文化の差はオモシロイですemoticon-0171-star.gif

お店は、銀座KAZANというところ。
シーフードが売りの、新感覚イタリアン?洋食?

f0090286_8531371.jpg


海老フライがさっくり揚がっていて、とっても美味しかったです♪
場所もよく、コストパフォーマンス高いお店。
使えそうです。

それにしても、C氏、どんなものでも、おいしい、って食べてくれてます。

イタリア人は、特に南にいくと、他の地域の文化を受け入れたくない、
自分のところ以外は、ダメって、というような感じの人も多いのですが、

C氏のお箸で一生懸命食べて美味しいと言っている姿に心うたれました。

そんなシチリアーノのC氏は、きれいなイタリア語でシチリア弁を教えてくれました。
すぐにわすれちゃいそうなので、忘れる前に、UPしま~す。

冠詞

Laラ(女性単数)  ⇒aア
Ilイル、Lo(男性単数) ⇒uウ

たとえば、La forchetta は⇒ a forchetta になり
Il cucchiaioは ⇒ u cucchiaioになり
Lo zuccheroは ⇒ u'zzuccaruなる



食事の後は、最近、お決まりの、エスプレッサメンテ・イリーにカフェしに!
今日は有楽町イトシア内の店舗です。
美味しいシャケラートを作って頂きました♪


楽しい一日♪みなさんに、初めて日本でお会いしましたが、
素敵な方々に会えて、本当によかったな~、と、出会いに感謝。

ブログを通して、本当に多くの方にお会いできてうれしゅうございます。
ブログのやり取りをしている皆様方、お会いできた皆様方ありがとうございます。

これからも、なにとぞよろしくお願いいたしまーすemoticon-0115-inlove.gif




あなたのクリックが人気ブログランキングの投票数に加わります。よろしくおねがいしま~すemoticon-0155-flower.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

イタリア料理カテゴリにも参加しています。クリック投票お願いしたしますemoticon-0152-heart.gif
にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ
[PR]
by cucina_amalfitana | 2008-09-24 22:50 | 留学準備Giappone

おめでとう(*^-^*)

f0090286_17133384.jpg

f0090286_17133327.jpg


私の大好きな友達の結婚式に参加してきました。
今回の帰国中のメインイベントです。

初めてお会いしたご主人はとても優しそう。

幸せそうな親友の笑顔を見て、私も幸せになりました(*^。^*)
それにしても、ウェディングドレス姿のお友達、
お人形さんみたいで、かわいかったな~~。

今頃は、飛行機の上かな。

お二人の幸せをお祈りしております(^_-)~☆

大学時代の仲間と会えたのも、一年ぶり!!!
一生ものの友達に再開して、元気をもらってきました~。
[PR]
by cucina_amalfitana | 2008-09-23 17:13 | 留学準備Giappone
f0090286_9394320.jpg


もう2年近く前に、料理人の友人を通してボルゲリで知り合った、このお方
東京にいらっしゃり、一緒にお食事にいってきました。

なんでも、丸ビル36階にある、アンティカ・オステリア・デル・ポンテという
ミラノ郊外の2つ星レストランの、日本店に、シェフ、エツィオ・サンティンが来日中とのこと。

シェフの息子でイタリアNo1パティシエに2年連続で選ばれている、マウリツィオには
ガンベロでお菓子を教えて頂いていて、大切な彼のお菓子本をイタリアから送ったのに、
箱が破れ、その本だけがなくなっていたというアクシデントに涙していたのでした~~。
イタリア郵便、恐るべし。。

さて、そんな悔しい思いを取り戻すべく、のりさんにひっついて
パパの東京のれすとらんへGO!

のりさんは、シェフへの花束を持ってこられていました。さすが!
こういうプレゼントの仕方って、素敵ですね~。

サーモンとリコッタ、そしてとびっ子の入ったパテと一緒に
ロゼで乾杯!

f0090286_9404100.jpg


もっちりとした食感のイチジクのパンが気に入りました。

f0090286_9403156.jpg


Colli Tortonesi bianco DOC
ピエモンテのtimorassoというブドウ品種のワイン
草木の香りがしました。

f0090286_941540.jpg


レンズ豆のプレに、クルトンとハーブでマリネされたホタテ。
とても冷たい状態でだされました。

f0090286_942174.jpg

カラブリア産赤玉葱とウンブリア産白インゲン豆で和えたリッチョリ
ラルドのクロッカンテとローズマリーの香り
"Riccioli" short pasta with red onion from Tropea, "zolfini" beans, crispy bacon from Colonnata and rosemary

トロペア産赤玉ねぎと豆のパスタ。
大好きなラルドをカリカリにしたものがのっかっていて、、

おいしい!

f0090286_9434059.jpg

イタリア産うさぎ背肉のオーブン焼き バジリコとブラックオリーブのソース
ピーマンのミラノ風トマト煮添え
Baked saddle of rabbit, basi and black olive sauce Pan fried mix sweet peppers "milanese" style


ウサギ肉、お上品に小さく調理されていて、オリーブのソースもおいしい!

f0090286_945971.jpg


Rosso Conero DOC
Spinsanti Adino 2004


マルケ州の赤ワインで、品種は、南のアブルツォ州で多く生産される
モンテプルチャーノ種主体のワイン。
タンニンがつよく、しっかりとした厚みがあり、甘草のような香り。


ドルチェは、

f0090286_9451951.jpg


さっくりとしたコーンの中には
塩みとちょっとくせのある熟成香のある、Taleggio(タレッジョ)というチーズ。

タレッジョとは、このレストランの本店がある、北イタリアロンバルディア州のチーズ。
酸味と甘みの強いイチゴのソースと、くちにいれると
いままでなかったような味に。面白い組み合わせです。

f0090286_9453027.jpg

チョコレートとベルガモットのザバイオーネ オレンジ風味のクレームブリュレ
ロイヤルティーのソースを添えて
Chocolate and bergamot egg-nog, "Catalana" style broiled custard ant tea sauce

そして、こちらは、お友達のドルチェ。
メレンゲがシャープに立てられているところが、素敵なセンス。


大活躍しているお友達の再会。
いろいろと教えていただいたり、とてもうれしかったです。

最近、私はまだまだ修行がたりないなあ~、と
思うことがよーくあるのですが、
のりさんのようにすばらしい方にお会いできて
こういう風に、やさしい女性になりたいな~、と思うのでした。



あなたのクリックが人気ブログランキングの投票数に加わります。よろしくおねがいしま~すemoticon-0155-flower.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

イタリア料理カテゴリにも参加しています。クリック投票お願いしたしますemoticon-0152-heart.gif
にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ
[PR]
by cucina_amalfitana | 2008-09-21 09:46 | 留学準備Giappone

洋菓子のプルミエール

f0090286_1541320.jpg

お気に入りのケーキ屋さんのご紹介!

て、まだ2回目なんだけどemoticon-0111-blush.gif

こちらのお店のお庭で育てられたラズベリーで作られたケーキは



f0090286_1544435.jpg


ラズベリーの酸味が程良く、口どけのいいクリーム。

うーん、しあわせemoticon-0152-heart.gif

そして、キャラメル・バナーヌ
f0090286_1543378.jpg


こちらも、おいし~emoticon-0152-heart.gif

気になるのは、キッチン。

のぞいてみると美しい大きなウェディングケーキが用意されていました!

パティシエさんは、笑顔でほかのケーキも見せてくださいました♪

とても心のこもった美味しいケーキを出す素晴らしい洋菓子屋さんですemoticon-0166-cake.gif

洋菓子のプルミエール


あなたのクリックが人気ブログランキングの投票数に加わります。よろしくおねがいしま~すemoticon-0155-flower.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

イタリア料理カテゴリにも参加しています。クリック投票お願いしたしますemoticon-0152-heart.gif
にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ

プルミエール (ケーキ / 西武立川)
★★★★★ 5.0


[PR]
by cucina_amalfitana | 2008-08-31 01:54 | 留学準備Giappone

しあわせな香り

f0090286_1625111.jpg



Lasagne(ラザニア)を作ってみました。


生地薄めに仕上げ、焼いたときにパリパリとさせるのがmarina流ですemoticon-0152-heart.gif



f0090286_1635195.jpg


1年前から帰りを待っていた、インぺりア社のパスタマシーン

ガンベロロッソやラルトロマスタイ(研修したレストラン)で使用しているプロ用と違い

家庭用の手動マシン。

ですので、右手が忙しいのですemoticon-0169-dance.gif

取っ手を回したり、

生地を機械にいれたり(汗)


でも、手間暇かけて作ったお料理っておいしいですねemoticon-0152-heart.gif




あなたのクリックが人気ブログランキングの投票数に加わります。よろしくおねがいしま~すemoticon-0155-flower.gif
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

イタリア料理カテゴリにも参加しています。クリック投票お願いしたしますemoticon-0152-heart.gif
にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ

[PR]
by cucina_amalfitana | 2008-08-26 16:10 | 留学準備Giappone
先週イタリア大使館就学ビザの申請に行き、
今日、ビザを受け取りにいきました(^.^)

ビザもとれ、今はワクワクした高揚感でいっぱい♪♪♪
シエナの友達に久しぶりに会えるのも楽しみです。
1月27日に成田を出発します。


ランチは友達の勤務先近くのイタリア料理「リストランテ・エリオ」に行きました。
予約なしで行ったので1時間以内ということで席に通されました。
イイダコのパスタ・ランチを注文しました。
パスタはかなりアルデンテでイイダコは素朴な味でした。
カメリエーレは、皿をさげる時、小声で「ポッソ?」と。←「いいですか?」の意味
間違いなくイタリア人でしょう。
帰りには、10周年記念の本までご丁寧に頂きました。


ディナーは、沖縄料理「銀座竹富島」へ。
海葡萄、島らっきょう、ゴーヤチャンプルー、モズクのてんぷらなどなど。
将来のことを熱く語りあった夜でした(^^)


イタリア料理の世界は知れば知るほど楽しくなってきています。
イタリア語もイタリア料理もまだまだヒヨコちゃんですが
どんどん吸収していきたいなあ、と思います♪
[PR]
by cucina_amalfitana | 2007-01-16 14:36 | 留学準備Giappone
【1995年年9月 大学一年の夏休みに両親と初のイタリア】
ベニス(リド島、ムラーノ島、本島)、フィレンツェ

夢の世界に迷い込む。

【1997年8月 アメリカでイタリア人の友だちができる】
ボストンでの語学研修中ずっと、イタリア人、スペイン人たちとつるんで遊ぶ。

イタリア人の、明るいところ、コーヒーにうるさいところ、日焼けLOVEなところ。「布の」テーブルクロスがない店にいくと悲しむところ、毎年1ヶ月以上のバカンスをとるところ、いたずらっ子なところ、以外に勉強熱心なところ、なんといっても温かいところに惚れる。

【1998年7月 卒業旅行に2度目のイタリア】
フィレンツェ、ローマ、カプリ島、ソレント

イタリア人の友だち、知り合った人とフルコースで食事する毎日。イタリアンを毎日食べても飽きない胃を持つことを知る。南イタリアの爽やかな風、青空、青い海に感動する。いつかアマルフィ海岸に住むことを夢に見る。

【2003年6月~ 結婚後すぐに、フランス家庭料理教室に入会】
結婚前に習っていた和食から、ヨーロッパ料理に興味の対象が移る。

【2003年11月 新婚旅行で3回目のイタリア】
ローマ、ティボリ、バーリ、アルベロベッロ、ミラノ北部(スイス国境近くの湖畔の町)⇒チュニジア

ローマでは、憧れのヴェネト通りのリッチなホテルでローマの休日。アルベロベッロでは、世界遺産のトゥルッロに野良犬と泊まる。野良をトゥルッリと名付け、トゥルッリをお供に町をねり歩く。知り合いになったお宅でエスプレッソをご馳走になる。お土産もたんまり頂く。アリタリア遅延により予定外のミラノに行く。アリタリアの用意した高級車で湖畔のホテルまで。イタリア一、まずいパスタに恐れおののく。その後チュニジア入りし、サハラ砂漠までの大冒険。

【2004年7月 初のスペイン旅行】
ガスパッチョを食べる毎日。日本のものとあまりにも違い、おいしいことを知る。タコ、イカ、ハモンセラーノ、マテ貝、野うさぎ、とにかくおいしいものがいっぱい。オリーブオイルを使用し、素材本来の味を生かす地中海料理が一番好きなことを確信する。南スペインのまだあまり知られていない美しい町サロブレーニャを発見。その町のとりこになる。家にその町の写真をたくさん飾る。本当は、この町を、観光客で溢れないよう内緒にしておきたいのです!

【2005年8月 イタリアに留学することを決意】
アメリカ留学する予定だったが、本当にしたいことを真剣に考えたらイタリアにたどりついた。文字通り、180度方向転換。その翌日、イタリア語教室を探し勉強スタート。仕事から帰り、料理を作り、お風呂に入り、勉強、留学の準備。寝るのは1時半~2時の毎日。

【2006年4月3日 イタリア語がほとんど話せないままイタリア留学に向け成田を出発】
4月3日 ミラノ・マルペンサ空港着 ミラノで1泊
4月4日 ポルトガル・リスボンへ旅立つ
4月4日~9日  リスボン滞在
お菓子屋さんに宿泊しカステラの原型、その他、おいしいとお菓子をたらふく食べる予定。
お菓子屋さんと市場に行き、料理・菓子の講習を受ける予定。
ユーラシア大陸最西端のロカ岬に行く予定。
路面電車にのって、リスボンのいろいろなところを闊歩する予定。
タコのリゾット、イワシの塩焼きなど、おいしいポルトガル料理に舌鼓を打つ予定。
             
4月9日~12日 ポルトガル・ポルト滞在
出張中のだんなと逢引する予定。
ポルトワインをワイナリーにある修道院で飲む予定。
ドロウ川クルージングする予定。
ファドを聴き、おそらく感激し涙する予定。

4月12日~13日リスボン滞在
最後にリスボンの街を、目と心に焼き付ける予定。

4月13日~16日ローマ滞在
ローマの友人に会いたいが、復活祭で彼女は田舎に行くかもしれないらしい。現地についたら電話する約束。トレビの泉に行き、イタリア留学を許してくれただんなに感謝し、またコインを入れる予定。

4月16日~8月末サレルノ滞在
語学学校に週5通いイタリア語学習に奮闘し、週2回イタリアのマンマから料理を習う予定。
水牛牧場で新鮮なモッツァレッラを食べる。サンマルツァーノ種のトマトの収穫を手伝う。
アマルフィ海岸をくまなくまわる。他の南部の州も訪れる。
その他にも、様々な出会い体験をする予定。

7月にシチリアでバカンスし、グランブルーの舞台のタオルミーナにも訪れる予定。
おいしい、シチリアのドルチェのカンノーリや、ブリオッシュ+カンノーリの朝食をとる。
イワシのパスタを食べる。

8月末~9月始め フランスに出張中のだんなに会いに行く予定。多分、ビアリッツとパリ
もしくは、イタリアのどこかを旅行する予定。ジェノバか?

9月、一時帰国
家族、友だちに会う予定。

【2006年10月以降】
イタリアに再び渡り、どこか料理教室に入る予定。
[PR]
by cucina_amalfitana | 2006-04-01 02:27 | 留学準備Giappone

PIZZERIA 1830 乃木坂

イタリア語教室で知り合った、とっても綺麗な♪女友だちと、赤坂のPIZZERIA 1830でデートしてきました♡
f0090286_137343.jpg
場所柄、ビジネスマンや外国人が多かったです。お店を決めるとき、もうすぐ和食が食べられなくなる私を、やさしい彼女が気を使ってくれて、「和食とpizzeria、どっちがいい?」って言ってくれたけれど、初めて出会った時にオススメしてくれたpizzeriaに行ってみることにしました。ナポリ風ピザのお店でしたが、ナポリ風にしては、ちと生地が薄めなので1人1枚いけます。たぶん。

イタリア留学希望という同じ境遇で、久しぶりに会ったので話は尽きませんでした(*^0^*)


f0090286_1404443.jpgクアットロ・フォルマッジ(4種のチーズという意味です)ゴルゴンゾーラ、モッツァレッラ、パルミジャーノ・レッジャーノは分かったのですが、もう一個は?とメニュをみたらタレッジョでした。タレッジョって、チーズ知りませんでした。調べたら、イタリア・ロンバルディア州のチーズのようです。チーズ、詳しくないのです(><)


f0090286_141039.jpgカプリッチョーザ
(気まぐれに材料を選んだ、という意味です)

ハム、シメジ、カルチョーフィ(アーティチョーク)、黒オリーブがのっかていました。とってもボリュームがあります。

実は、さっき1人1枚OKと書きましたが、残しちゃいました(^_^;)


f0090286_1412086.jpgその後、六本木ヒルズのSegafredoでお茶。女の子ネタで盛り上がっていたら、いつの間にか「11時で閉店でーす。」と店員さんに声をかけられちゃいました。あ、11時過ぎている~。お店の方々、ご免なさい<(_ _)>


f0090286_1414258.jpg「イタリアにこれ持っていきな。」と嬉しいプレゼント。きっとイタリアにいったら、イタリアン好きの私でも和食が恋しくなるときがくるに違いない。このお箸を使うときは貴女のこと思い出します♪気の利いた贈り物、ありがとう。先に行ってアマルフィの情報仕入れておくね♡
[PR]
by cucina_amalfitana | 2006-03-28 23:59 | 留学準備Giappone

cafe madu 表参道

大学のお友だと、大学正門前で待ち合わせ。
正門ちかくのいつものベンチに座っていて、昔と同じで楽しい気分になりました。
全員あつまり、みんなでcafeにレッツゴー♪
むかしからあるcafe maduへ。cafeの前のサクラが綺麗に咲いていました。
f0090286_1564638.jpg
久しぶりに会って、みんなペチャクチャ・ペチャクチャ♪
みんな相変わらず元気で、それぞれの仕事、育児など充実していました。
いっぱい元気をもらいました。どうもありがとう♡
f0090286_158471.jpgバナナのタルトは、
あったかくてトロットロ(*^_^*)


f0090286_1581534.jpg
ともだちのモンブランを激写。
こっちもウマウマ。


f0090286_1510043.jpg
ともだちのリンゴのタルト。
あまーーい!!

また、秋に会おうね♪
[PR]
by cucina_amalfitana | 2006-03-26 23:39 | 留学準備Giappone

名古屋港イタリア村

f0090286_19152079.jpg
今日は名古屋で、大切なお友達とそれぞれのだんなさま4人でランチをしてきました♪
場所は名古屋駅にあるセントラル・タワーズのテラスです。
目の前には新しい、トヨタビルがニョキニョキ。空は真っ青、風が爽やかでした。

ニキータ風に表現すると、艶女(アデージョ)なお友達です。
旅行の趣味が一致する彼女が、新婚旅行で訪れたのがアマルフィとシチリア。
アマルフィはサイコーに素敵だったわ♡と言うほどなので、これは期待大ですな。

アマルフィの、崖に連なる家は、夜になると明かりがついて、とっても綺麗だそう。
想像しただけで、うっとり♡ 写真を撮りにいかなくちゃ。
南イタリアのお料理も、オリーブを使った魚介類のお料理がとってもおいしかったみたい。
自分でも、留学先いいところにしたな~。行く前からいい気分になっちゃいましたぁ♪
(>artedivivireさん、たのしみですね♪)

お友達が、素敵なご主人さまととっても仲良くしているのも、本当に嬉しく
とっても楽しい再会でした♪ また、4人でご飯いきましょうねo(^^)o

f0090286_1939578.jpgその後、主人とふたりで、 「名古屋港イタリア村」に遊びにいってきました。
港だけあってベネチアの町並みを再現していました。

Amalfiという陶器屋さんも(^^)
Amalfiにある陶器会社の取り扱う、とってもカワイイ陶器がいっぱい。


f0090286_19241248.jpgPizzeriaでは、ピザ職人が、ピザをクルクル投げちゃっています。

ピザ職人にカメラを向けたら、笑顔でピザ投げてくれました。
さすがイタリア人。愛想がいい(*^。^*) 
思わずここで食べることにしちゃいました。


f0090286_19284772.jpgPizza Margheritaは、メニュに載っていないけれど作ってもらえるようなので注文しました。
パリッパリの生地でとーってもおいしく、あのおじさんが作ってくれたピザだと思うと、さらにおいしく感じました。

ご馳走様でした(^◇^)


f0090286_19434327.jpgPizzeriaを出た頃には、外は暗くなっていました。


f0090286_19521993.jpg

お土産は、イタリア食材を買ってきました。

あと、日本で料理するの1週間しかないのに!
[PR]
by cucina_amalfitana | 2006-03-25 23:33 | 留学準備Giappone