ローマ在住。ガンベロロッソでイタリア料理・ドルチェ勉強中のmariのブログ。イタリアワインソムリエ、オリーブオイルソムリエの視点で、イタリア料理、ドルチェを楽しんでいます♪


by cucina_amalfitana
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

CANTINE LEONARDO DA VINCI

f0090286_20383351.jpg


ソムリエの授業のレベル2の終わりに、カンティーナ見学にいきました。
レベル1のときに行ったFATTORIA DEL TESOは、個人のカンティーナ。

一方、今回は、1962創業のCANTINE LEONARDO DA VINCIという名前の共同組合。
からつまり大規模のカンティーナです。生産者は、創業当時は20だったのが、今では、100以上の生産者で経営しているそうです。

個人の小さな、醸造する施設を持たない個人や小規模農場から買い上げたブドウから、キャンティ、キャンティ・クラシコ、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノなどを生産し、またオリーブオイルも作っています。

写真に見えるお花は、ジネストラ(gienstra)といい、春から初夏にかけて咲くイタリアのお花です。

「ジネストラのような香」と、ワインを表現することもあります。

まず、トラックごと、重さを軽量し、ブドウをすぐに搾り、絞り汁の糖度、酸度などを測り
ブドウを3レベルの品質に分けて買い取っています。
1番下のレベルのブドウからキャンティ、
2番目のレベルのブドウからキャンティ・リゼルバ
3番目は、選べれた畑のブドウだけからつくられる San Zio

そして、茎を取り除き、その奥に見える巨大なタンクの中で、ワインを醸造しています。
この大きなタンクの周りには、水の入る空間があり、
温度管理をしっかり行っています。(約16度)

温暖化のため、暑さで、糖分が高く、ことしは、おそらく、酵母を追加することなく
自然に発酵するのでは。とのこと。


f0090286_2254527.jpg


熟成は、オークの木樽、つまりバリックで熟成していますが、


アメリカ産のオークの木樽からは、バニラ、シナモン香 → アメリア市場向け
フランス産のオークの木樽はからは、チョコレート、トースト香 → ヨーロッパ市場向け


と、使い分けているそうです。

そして、
f0090286_78984.jpg

瓶詰め。完全にオートメーションされていて、
あまりの速さに、目を奪われてしまいました。

畑に移動
f0090286_21324933.jpg

シラー種のブドウ畑。
突き刺さるような太陽の元、大きく実をつけていました053.gif

CANTINE LEONARDO DA VINCI
http://www.cantineleonardo.it/index.html

[PR]
by cucina_amalfitana | 2008-06-28 20:36 | トスカーナToscana