ローマ在住。ガンベロロッソでイタリア料理・ドルチェ勉強中のmariのブログ。イタリアワインソムリエ、オリーブオイルソムリエの視点で、イタリア料理、ドルチェを楽しんでいます♪


by cucina_amalfitana
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

La Tana de Noantri ローマ・トラステヴェレの庶民的食堂でのローマ伝統料理

f0090286_2112574.jpg


ローマ・トラステヴェレ地区は、レストランがいっぱいなのですが、
最近、あたたかくなり、さらに、夜、街を歩く人も増えてきています。

ローマ在住の大好きなお友達のイタリアンレシピいっぱいのこのブログ
トラステヴェレ地区が紹介されていますが、わたしも、たまには、
自宅近辺のことをUPしてみます♪

上の写真は、自宅から徒歩2分
サンタ・マリア・イン・トラステヴェレ
イタリア最古の教会として有名ですが、
この広場には、噴水があり
最近は、ビールか、ジェラートを片手におしゃべりする人がいっぱいです。

サンタ・マリア・イン・トラステヴェレのわき道を入ったところに、
ちょっとほかのお店と雰囲気の違う
いかにも庶民的な雰囲気の食堂的なレストランがあり、
気になっていましたが、
f0090286_22305949.jpg


お店の前には、なんと!!

わたしの隠れファンの
流しのギターの弾き語りのおじさん!

ガンベロロッソに通っていること、トラステヴェレ大通りを走る
トラム8番で、しぶーい声と切ないメロディーに、通学途中
ひそかに感動していたのです。そのおじさんに再開です。

と、見ていたら、このお店のカメリエーレが追い払ってしまいました031.gif

才能は、あるとおもうのですがね、、、

きびしい世界ですね。


レストランの名前は、La Tana de Noantri

コッテコノのローマの方言で、
わしら(NOANTRI) の(DE')あばらや(LA TANA)と、いう意味のお店です。

ぶっきらぼうな、カメリーレが

「あんた、決めた?」

と、たずねてきます。

そのぶっきらぼうなカメリエーレと相談して決めたメニューはこちら、


f0090286_2111480.jpg


カルチョーフォ・アラ・ジュディア(Carciofo alla giudia)
ユダヤ風アーティチョーク

ローマ産の大きなアーティチョークを
大胆に丸揚げしたもの。

これ、甘みがジュワを口の中に広がって、最高においしい!
この季節のローマだけのお楽しみ053.gif
カルチョーフィは、やっぱりローマのが一番おいしいわ056.gif

f0090286_21112698.jpg


トンナレッリ・カッチョ・エ・ペペ(Tonnarelli Caccio e Pepe)

カッチョ・エ・ペペも、ローマの伝統的なパスタ。
カッチョ(チーズ)とペペ(コショウ)だけのパスタです。
使われるチーズは、ペコリーノ・ロマーノとパルミジャーノ。

トンナレッリとは、断面が直径3.5ミリくらいの正方形のロングパスタ。


カルボナーラ、アマトリチャーナのように日本ではまだ知られていないけれど、
ローマのトラットリアや庶民的なリストランテでは、
必ず食べることができますよ016.gif

ローマにいらっしゃった際には、ぜひおためしください。


f0090286_21114572.jpg


そして、こちらは、おなじみ
サルティンボッカ・アラ・ロマーナ(Saltimbocca alla Romana)

子牛ロース肉とプロシュート・クルード(生ハム)の間に
サルビアの葉を入れて、炒めたもの。

文句なしにおいしいです。

しめは、ドルチェ

f0090286_21131348.jpg


この、フォークのささり方が凄い!!

庶民的なトラットリアに行くと、
ビステッカにフォークがささっていることもありますが、
ドルチェにも、フォークをさしています。

シャルロット。
チョコチップが入った生クリームを入れたスポンジケーキ。

ワインは、もちろんフラスカーティ(Frascati)
ローマの南に位置する、カステッリ・ローマニ地方の町Frascatiの白ワインです。


ローマの伝統料理を満喫した夜でした053.gif

La Tana de Noantri
Via della Paglia 1/2/3
[PR]
by cucina_amalfitana | 2008-05-04 22:00 | ラツィオLazio