ローマ在住。ガンベロロッソでイタリア料理・ドルチェ勉強中のmariのブログ。イタリアワインソムリエ、オリーブオイルソムリエの視点で、イタリア料理、ドルチェを楽しんでいます♪


by cucina_amalfitana
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

オリーブオイルソムリエ合格!

f0090286_19312649.jpg

今日のまかない

いい知らせを頂きました。

それは、イタリアオリーブオイルソムリエ協会の認定ソムリエ試験の合格!

よかったよかった。本当にありがとうございます。

すばらしい講師陣と愉快な仲間に恵まれました。

学校で教えて頂いたことを、

イタリア生活しているうちに、いろいろ試してみたいな。

と、思います。

レストラン研修は、ガンベロロッソの研修でもあり、
イタリアソムリエ協会の方の研修でもあるのです。


さてさて、研修3日目。

今日も、いい一日でした。
他のコックさんたちとも仲良くなりつつあります。

-----------------------------------------------------------------------------------
今日の仕事の覚書

(自分のために書いてます。)


アンティパスト・チーム(フェデリコ)とともに

1、3種の野菜のブルノワーゼ

今日も、フェデリコ、アントニオからできる限り小さくするように命ぜられ。
必死に切るも、ダメだしされる。

泣く泣く捨てる。

なんで、こんなことに時間を使わなくちゃいけないの?

と、疑問に思うが、ぐっと我慢。

2ミリの立方体に切り、またまた腰が痛くなる

決してみじん切りになってはいけないのです。)


きのうより、上手にできるようになった。

なのに。


サービス中にシェフが確認にきて、

「こんな小さすぎては、ブルノワーゼ(立方体)ではなくて

単なる、みじん切りにしか見えないかから、食感もなくなるから

3ミリのブルノワーゼにしなさい。」

とのこと。

これで明日から、2ミリ角ブルノワーゼから卒業!

2、今日はお昼に、若者たち(他のコックさんのこと)が歌っていたので、
わたしもテキトーに歌ってみる。

3、若者たちのギャグにつきあう。

4、下ごしらえ済みのトリッパを、サービス用とまかないように分ける。

まかない1回目(Aglio, Olio e Peperoncino)

5、アントニオとチーズと合わすための
Marmellata di aranciaをつくる。

6、ジョゼッペの肩モミ。
(本当に私がやってもらいたいんだが。。)


ここで、地下のパスティチェリアに移動。

7、パスティッチェリア、イレーネのためにmis en place。
つまり軽量をする。

8、私も一人でPan di Spagna(スポンジケーキ)を焼く。

9、ドルチェの飾りつけに使う、チョコレートのスティックを作る。
直径2ミリ、15センチの長さのもの、100本くらい。
スーシェフに怒られてしょげていたイレーネに
「I LOVE IRENE」とメッセージチョコをこっそり焼いておく。

ここで、まかない2回目


(Riso con zuppa di verza)

休憩(お店の外にでて携帯チェック、メールだし)


夜、サービス開始。

アンティパストの仕上げをいつものとおり、フェデリコ、ジジと。
プリモ・セコンドチームに移動。
シェフ、スーシェフの仕上げの手伝い。
また今日も、シェフの料理に感動。

「先生って、こんなすごかったの?」

しかも、よく見ている。

コックたちの間違いを的確になおしていく。

f0090286_1932951.jpg

あさって、急遽おやすみすることになるエマヌエレについて
プティフールの仕上げを覚える。

隣にいる、イレーネの綿菓子機、明日、使ってみることを心に誓う。
[PR]
by cucina_amalfitana | 2008-02-08 08:44 | ラツィオLazio