ローマ在住。ガンベロロッソでイタリア料理・ドルチェ勉強中のmariのブログ。イタリアワインソムリエ、オリーブオイルソムリエの視点で、イタリア料理、ドルチェを楽しんでいます♪


by cucina_amalfitana
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

引越ししました。

f0090286_8273214.jpg


引越ししました。

と、いってもひろいローマで、トラステヴェレからトラステヴェレ。

はじめは、プラーティ地区というところに住もうと
思っていたのだけれど、ここは、なんだかスノッブ住宅街といった趣き。

なんかちがう。

ということで、住み慣れたトラステヴェレで家探し056.gif

これが、思った以上にタイヘンでした。

最近は、家探しのインターネットサイトもあり
そこでさがしました。

10軒も見に行ったのでクタクタ。

無駄足を踏み時間も体力も費やしてしまったのだけれど

イロイロと勉強になる家探しでした。
いろんな人たちと出会いました。
大家さんに占いされたり、
電話で日本人だと言わなかった大家さんに会ったときに、
超日本人顔の私の顔をみて驚かれたり。
他にもイロイロ。
一緒にすまないけれど友達になったひともいました。

とにかく、

外国人が家を探すのは、

タイヘンなことなんです!

MIXIにも家さがしてますって載せたら、数人からイタデンがきました。
お願いなので、下着の色は聞かないでください(爆)


一緒に住むのは、ベルギー人の交換留学生2名。

とってもとってもかわいくて、本当に性格のいい子たち。

初日は、家でおいしいワインをあけてくれて069.gif

さらに、近所のBARでアペリティーヴォ069.gifで歓迎してくれました。



家の入り口は、


f0090286_8551661.jpg
こんなかわいい柵があります。

家の中に入ると、部屋一面、そして廊下の壁もぜ~んぶ本棚。

収納いっぱいできて、便利ね!

なんて思っていたら、

イタリア言語学者が晩年を過ごした由緒正しきお宅。

最近、イタリア語ちゃんと勉強していないからな~。


のろわれるよ。


勉強しなくちゃ。


と、思ってはいるのですが、


イタリア語は、へたではありますが常に話しているので
たまには、英語も話したいのです。

ということで、英語堪能な彼女たちと暮らすのは、
ねがったりかなったり!

しかも、フランス語圏のベルギー人の彼女たち。

これは、フランス語を勉強する絶好のチャンス!


Approfittiamo!

あ、このフレーズで
「この機会を利用しよう!」というような意味で
ローマに来てから、よく聞くことに気がつきました。

ちなみに、昨年住んでいたトスカーナの方たちは

Risparmiamo!!

と、頻繁に、言っていました。

「ここでうまく節約しよう!」と、いう意味です。

いろんな土地に住むと、その土地の人たちが使う言葉
つまり方言(この二つは方言ではありませんが)が話されていて

その土地に住む人たちのメンタリティーも言葉に表れているのが

ほーんと、おもしろいな!

なんて、思うわけでございます。

話はそれましたが、

彼女たちとの同居する機会を利用させていただき

フランス語をかじってみることにしました。

一応、大学の第二外国語はフランス語を選択してはいました。

ぜんぜん覚えていないけれど(爆)

イタリア人向けのフランス語の本を一冊購入。
本当は、日本人向けの教材も一冊ほしいところです。

今日は、彼女たちとチェントロにご飯を食べに行ってきました。

ラディッキョのサラダと
f0090286_8312430.jpg


これは、
f0090286_8313983.jpg

グラーシュ。牛肉の赤ワイン煮です。

ワインはShiraz del Lazioを頂きました。

彼女たち住んでいると、3人で一日1本か2本のペースで
ワインを飲むことになりそうです。
f0090286_910348.jpg


毎日ランチはこういうレストランで食べているという彼女たち。
日本より、ずーっと外食が高いイタリア。
レストランで食べると、どんだけ安くても3000円はかかります。

新宿の980円のビビンバランチが懐かしい。
おいしかったよ。安くて。

イタリア人学生だったら、
家で食べるかパニーニや切り売りピザを食べるのが普通です。

これは、彼女たちがお金持ちなのでしょうか。
それとも同じヨーロッパ内の経済格差?
おいしいレストランといいホテルが好きだ、と、言う彼女。
多分前者でしょうか。


何はともあれ、国籍も年齢も違うけれど
気が合う人たちと一緒に住むことができてよかったです051.gif
[PR]
by cucina_amalfitana | 2008-02-03 08:00 | ラツィオLazio