ローマ在住。ガンベロロッソでイタリア料理・ドルチェ勉強中のmariのブログ。イタリアワインソムリエ、オリーブオイルソムリエの視点で、イタリア料理、ドルチェを楽しんでいます♪


by cucina_amalfitana
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

人気シェフと夕ご飯。

リタとリタの友達とローマにやってきた私たち。

ソムリエ協会にやってきたのは、ガンベロロッソの先生をしている2人の一流シェフ。
イル・コンヴィーヴィオのアンジェロ・トロイアーニと
アクオリーナのジュリオ・テリノーニ。

これには、びっくり。
学校のシェフは、ちょっと遠い存在だったりするものなのです。

で、みんなでトロイアーニの元で働いていたコックさんが、
最近開けたオステリアに行ってきました。

場所は、モンテ・ヴェルデ地区(Monte Verde)という
ローマのチェントロに割りと近い住宅街で、おしゃれなお店もちらほらある
東京でいうと、青葉台のようなイメージ?
日本からの観光客は、まず行かない場所です。

お料理は、完全に、ローマの郷土料理で
なかなかの好印象を持ちました。

特に、おいしかったのが、
f0090286_453078.jpg

ニョッキ・アル・スーゴ・ディコーダ・ディ・ヴァッチナーラ
(Gnocchi al sugo di coda alla vaccinara)


ここのシェフが、この本見て~。と、もってきたのが、
f0090286_4463082.jpg

Hybrid Antipastoという本。
この本の著者の一人である、カメレオンのシェフの元で
2ヶ月間だけ、働いたことがある、ということ。
カメレオンに帰国したら、食べに行きたくなりました。

このシェフもオニギリみたいで、なんだかカワイイ。


シェフたちの会話は、普段の学校とは違って
意外と普通の人間。(←って、当たり前だけれど。)

でも、料理の話と話となると、やはりスゴイ!
色々とまた教えていただきました。

その後、ジュリオの閉店したレストランに移動して、生牡蠣とワイン。
みんなで、カウントしたら、一人1本以上の量。

そして、時間は、朝の4時。

そして早朝、わたしは、リタたちに連れられて
リタの友人の肉の会社へ。
[PR]
by cucina_amalfitana | 2008-01-07 04:31 | ラツィオLazio