ローマ在住。ガンベロロッソでイタリア料理・ドルチェ勉強中のmariのブログ。イタリアワインソムリエ、オリーブオイルソムリエの視点で、イタリア料理、ドルチェを楽しんでいます♪


by cucina_amalfitana
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

パンジャッロ ローマのクリスマスのドルチェ

f0090286_23225610.jpg


Alberello di Frolla(クリスツリーのクッキー)

数少ないローマ在住の日本人のお友達のおうちに
遊びに行ってきました。
サンジョバンニという地区は、
意外とレストランやお菓子やさんが多くかわいい町でした。

町のお菓子屋さんのウィンドーはクリスマス菓子いっぱいで
数日後のクリスマスを待つばかりです。

サンジョバンニのPasticceria G. RICCHIの
お菓子を中心にご紹介します。

f0090286_23234426.jpg

プレゼーピオ(il presepio)と呼ばれる、
キリスト降誕の場を表す人形は、クリスマスの頃
イタリア人の家庭を飾りますが、

そんなプレゼーピオ入りのチョコレート菓子もあります。



f0090286_23351362.jpg

こちらは、トローネ(Torrone)

砂糖、蜂蜜、卵白を練ったお菓子で、ヌガーと呼ばれるもののイタリア版。
こちらもクリスマスによく食べられるイタリアのドルチェ。
大きさも手ごろで、クリスマス前のプレゼントとしてもよく使われます。

南北に長く、地形、気候の変化に富むイタリア。
北イタリアでは、ピエモンテ州のノッチョーラ(ヘーゼルナッツ)の
入ったものが有名。
そして、南のシチリア島では、アーモンド、ゴマがはいったもの。
そして、ピスタッキオ(ピスタチオ)が入ったものも有名。

要するに、中に、地元ならではの食材を入れているのですね~。
このお店は、アーモンド、クルミ、アマレッティーをいうアーモンド菓子を
加えているものが売られていました。

f0090286_23241778.jpg


そして、こちらは、
ご当地ローマのナターレ(クリスマス)のドルチェ

パン・ジャッロ(Pan Giallo)

Gialloは黄色という意味で、「黄色のパン」をいう名を持つこのドルチェ。
サフランで色づけした水を表面に塗って、黄色く仕上げていることによります。


アーモンド、ノッチョーラ、松の実、オレンジ、レモンの砂糖漬け、干し葡萄を
蜂蜜とともに練ったもので、
シナモン、クローブ、ナツメグで味付けしたドルチェです。

Pasticceria Gelateria
G. RICCHI
Via Iberia,7 Roma
Tel: 06 77 207 343


イタリアで初めて過ごすクリスマス。
たのしみです♪

[PR]
by cucina_amalfitana | 2007-12-21 23:14 | ラツィオLazio