ローマ在住。ガンベロロッソでイタリア料理・ドルチェ勉強中のmariのブログ。イタリアワインソムリエ、オリーブオイルソムリエの視点で、イタリア料理、ドルチェを楽しんでいます♪


by cucina_amalfitana
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

中間実技試験@ガンベロロッソ

今日、学校にいったら
突然、実技の中間試験午後に行なう、といわれました。

え??と驚いたものの、
まあ、できなくてもいいやあ。と、悠々と構えていたら、

イタリア人たちは、どーしよう、どうーしよう。

と、かなりあせってます。

そして、午後になって、実技試験。

「2品を、○○時にサービスすることを想定し仕上げること。
一品はレシピをもとにつくる。もう一品アペタイザーを自由につくる。」

と、いうものでした。

わたしが、もらったレシピは、今までに聞いたこともないようなもの。

なんじゃ、こりゃーー?
あまり有名でない、ローマの郷土料理です。

アペタイザーをどうするか、と
冷蔵庫に向かったら、もう材料がほとんどありません!
イタリア人たちに先を越されました(涙)

そして、目に付いたのが、フィノッキオ。
フィノッキオを握りしめ、昨日のメニュー作成の授業を思い出しながら
ひとり、メニュー作成にふけること約3分。

失敗したり、懲りすぎて時間が足りなくなっても困る。
と、作ったのが、コレ。


Fonocchio Gratinato aromatizzato di Acciughe sotto'olio
Con Cialda croccante di Pasta Araba e Parmigiano Reggiano
e Spuma di Finocchio

フィノッキオ(ういきょう)のアンチョビ風味のグラタン

アラブパスタとパスミジャーノ・レッジャーノのチャルダと
フィノッキオのスプーマを添えて




教授が、スゴイ勢いで、みんなの手順をみてノートにチェックしてます。
ひいい。こわー。

しかも、クラスメートもなんだか真剣でこわい。

悠長に構えていて割と落ち着いて料理していたのですが、
最終的につくるべきスプーマ用のミキサーがない! と探し回りあせるわたし。
そうして、ミキサーを捜索しているうちに、時間も近づき
丁寧に下準備していたスプーマ用のフィノッキオも消えています!!
ゴミだと思われ、だれかにすてられちゃったのかしら。
スプーマはなくても、完成形になりうる一品だったのであきらめました(涙)


最後にバタバタして、規定の時間を遅れてしまいました。
自分では、50点しかつけられない出来。

ところが、

最後に教授の厳しい講評をきいていると
わたしは3位以内には入っていそうな雰囲気のいい評価♪
味見をしてくれたクラスメート達からも、「気に入った!」と。
よかったよかった。

この実技中間試験は、点数は発表されないけれど
ほかの授業を含め、来週月曜日に今週分の点数が発表されます。
死にそうなほど疲れていて、ボーっとしていた日は、
評価が低いはず。
疲れている日も、がんばって授業うければよかったかな。と。

この夜は、生徒全員、ガンベロロッソ内で、アブルッツォからやってきた
超有名シェフの夕食会にご招待。
コックコートを脱ぎ捨て、みんなおしゃれに着飾りました。
[PR]
by cucina_amalfitana | 2007-10-30 04:01 | ラツィオLazio