ローマ在住。ガンベロロッソでイタリア料理・ドルチェ勉強中のmariのブログ。イタリアワインソムリエ、オリーブオイルソムリエの視点で、イタリア料理、ドルチェを楽しんでいます♪


by cucina_amalfitana
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

うずら、ダブルでお願いします♪

今日は、日曜日。
ガンベロロッソのお友だちが、

「まりこを連れて来たいところがあるのー。」

と、前々から誘ってくれていたあの場所に行ってきました。


ローマ郊外の、おそらく車がないと行けない
さびれた町のにぎやかな食堂。

友達が、「あそこは、トラットリアとも言えないわ。それ以下のお店。
そういうの、ベットラ(bettola)っていうの」

(あ、片岡シェフ落合シェフのラ・ベットラって、そういういみなんだー。
と、あらためて思い出すわたくし。)

「ガンベロロッソで習うような、正しいレストラン道をいっていなくて、
私たちがならった、HACCP(衛生基準)やヒルトンのサービスみたいなのは
全くないとこなの。予約なんていらないし。そもそも電話もないかも。
きたないお店でショックを受けるかもしれないけれど、
ああいうお店は消えつつあるから、消え前に行かなくちゃ。」

と、きたのが、ココ。

f0090286_6405823.jpg


ウズラ(quaglia)ダブル(doppia)でお願いします。」
と、出てきたのは、シンプルなウズラちゃん♪
使い古しの油、妙にすっぱいお酢、ニンニク、しお、胡椒が
入った鍋に、ウズラ、マッシュルームをいれ、
ピザも焼く、釜に入れて調理したもの。
その鍋の油に、ちょいと、パンを浸してます。

みんな手づかみで、むしゃむしゃ。
かなり酸っぱかったのですが、「完食」。

他のグループと相席し、向かい合わせに座って会話。
地元密着系のがさつなシンプルな方たちで、
本物セレブな友人たちとの、かみ合わない会話も面白くて
こういうことも含めてとっても楽しく、期待通りのお店でした。

日本に遊びにいったら、こういう店に連れてってね、と
友達に頼まれました。

どこだろ。

新橋のガード下の焼鳥やさんかしら?
[PR]
by cucina_amalfitana | 2007-10-28 04:54 | ラツィオLazio