ローマ在住。ガンベロロッソでイタリア料理・ドルチェ勉強中のmariのブログ。イタリアワインソムリエ、オリーブオイルソムリエの視点で、イタリア料理、ドルチェを楽しんでいます♪


by cucina_amalfitana
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

イタリアに戻ってからの濃い生活が始まりました。

ご報告おくれました。
2ヶ月ぶりにイタリアに戻ってきました。
お会いできた皆様ありがとうございます。
お会いできなかった方、次の帰国の際は、ぜひお会いしましょう♪

と、いうことで、皆さんに決めて頂いた、mamecoroさんのイラストを
今日から使わせていただきます♪
mameちゃん、投票してくださったみなさんありがとうございます。


ローマでの家探しは難航するかと思っていたのですが、
トラステヴェレ地区(テヴェレ川の川向こうという意味)に住む家族の
とっても広いお部屋を借りることになりました。
f0090286_5211196.jpg

ひかないけれどピアノもあります。
f0090286_5212990.jpg

家族は、RAI(イタリアのNHK)に勤めていた料理が得意なお母さんカルラ、
大学で歴史を勉強中のお嬢さんチェレステ、ワンコ2匹です。
2人とも気さくで、家ではいっぱいお話をしてます。

料理学校ガンベロ・ロッソは、イタリア人16人(男12、女4)に
1人、ガイジンの私が混じって、かなり大変な毎日を送ってます。

今は、調理の実習はなく、朝から晩まで、机の前で、教授(医学)から
イタリア料理史、HACCP(NASAが作った食品安全の規格)についての勉強です。
学生は、毎授業ごと、教授から評価されるという厳しい授業。
それにもひるまず、イタリア人たちは、思ったことをいっぱいしゃべってます。

初日、教授の話が半分しか分からなくて、とってもつらかったのですが
(今日も辛いのですが)、仲良くなった、クラスメートのイレーネやアニェーゼが
休憩になると、「全部分かった?分からなかったところはどこ?」
私が理解できなかったところを、いつも教えてくれるのです。
授業の帰りも車で送ってくれたり、いつの間にかケーキを私のために買ってくれていたり。
学級委員格のダヴィデも、いつも気を使ってくれてます。

このままでは、まずい、と、夜遅くまで、しかも早朝も必死に勉強してます。
こんなに猛勉強するの、何年ぶりだろうか。


ところで、ここガンベロ・ロッソは、イタリアのガストロノミアの中心。
毎日、レストランやワイナリー、食品関係者、ジャーナリストが集まってます。
初日は、ちょうど、ガンベロロッソのとある本の出版記念パーティーがあり、
かなり華やかな雰囲気で、RAI(テレビ局)、ジャーナリストも
いっぱい集まっていました。
f0090286_5242661.jpg

私たち学生は、デザートだけ頂きました。
いままでイタリアで食べてきたドルチェの中で
圧倒的に一番美味しかったのです。

今夜は、とあるワイナリーの試飲会に生徒もお呼ばれ。
いま、ちょっと酔っているのですが、今夜も勉強がんばります!
[PR]
by cucina_amalfitana | 2007-09-19 04:07 | ラツィオLazio