ローマ在住。ガンベロロッソでイタリア料理・ドルチェ勉強中のmariのブログ。イタリアワインソムリエ、オリーブオイルソムリエの視点で、イタリア料理、ドルチェを楽しんでいます♪


by cucina_amalfitana
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

バーチ・ディ・ダーマ(Baci di Dama)のレシピ


f0090286_032583.jpg
6月中旬に、旅をした、イタリアンリビエラのリグーリャ州で
お菓子やさんにウィンドーにいつも可愛らしくならんでいたパスティッチーニ(pasticcini)
で、気に入ったのは、
バーチ・ディ・ダーマ(Baci di Dama)

コロコロとした、そのフォルムのBaci di damaをお口にいれると
サックサクの生地♪ はまりましたーー。

このお菓子の名前、Baci di Damaとは、baciがキス、damaとは貴婦人
つまり、「貴婦人のキス」という意味なのです。

キスをするときにすぼませた唇みたいでキュートですね♪

リグーリャ州で見た、Baci di damaは、どれも直径2センチくらいでした。
f0090286_1364130.jpg

(友達が働くリグーリャ州のレストラン。こちらもそのうち更新しなくちゃ。)

イタリアの地方料理の本を見ると、
Baci di damaの本来の特産地は、
リグーリャ州の北に位置するピエモンテ州のトルトーナ(Tortona)。
中身は、チョコレートの他に、マーマレードを使うとより伝統的で、
(しかもさらにおいしい!)と書かれていました。


でも今回は、手土産用ということで
ジャムではよくひっつかないかもしれないので、
しっかりと接合できるチョコレートをはさんでみました。

★baci di dama 簡単レシピ★

<材料>

250g di mandorle (生アーモンド) 
お時間のない方は、アーモンドプードルで代用なさってくださいね。

250g di zucchero (グラニュー糖)
250g di farina (小麦粉)
250g di burro (無塩バター)

150g di cioccolato fondente (チョコレート)
un cucchiaio di Grand Marnier o Cointreao
(グランマニエもしくはクワントロー 大さじ1 を加えると大人味になります)


f0090286_0591021.jpg
皮付き生アーモンドをお湯で、1,2分煮て、直ぐにザルに上げます。
荒熱が取れたら、手でアーモンドを押し出すようにし
ツルリと皮をむきます。


f0090286_17456.jpg
アーモンドをペーパータオルで拭き
150度のオーブンで、焦がさないように10分程度ローストし
*よーーーーく水分をとばしておきます。(ポイント)

f0090286_110342.jpg
フードプロセッサーに、アーモンドと砂糖を入れ、
アーモンドが細かくなるまで挽きます。


f0090286_1112722.jpg
こんな感じになります。


f0090286_1115538.jpg
挽いたアーモンド、砂糖を、ボールに取り出し、小麦粉を混ぜ
室温に戻しておいたバターを手で混ぜ、よくこねます。


f0090286_113528.jpg
台の上に、生地を出し、厚さ1センチくらいにのばし
ナイフで均等に切り分け
生地を手に取り、直径1.5センチくらいの球体をつくります。


f0090286_118351.jpg
180度のオーブンで15分焼きます。
すると、熱で生地が溶けて半月状になります。
*溶けるのが早いようでしたら、オーブンの温度を上げてみてください。(ポイント)

*その間に、チョコレートを湯銭でとかしておきます。
お好みで、オレンジのお酒の「グランマニエ」もしくは「クワントロー」を
加えておくと、大人味になりますよ。



f0090286_1184542.jpg

中にチョコレートをはさみます。
でっきあっがりーーー!

焼きたては、もろい生地でサクサクとした食感。
一日おくと、カリッとした食感に落ち着きます。

Buon appetito♪

これを食べてくれたpiuitaliaのパオラ先生の喜び具合といったら、
「も~、1個ちょうだ~い。」
「全部、わたしの鞄にいれてよー。」
と、無邪気な子供のようでした(^^)

成功、成功♪
[PR]
by cucina_amalfitana | 2007-07-22 00:20 | 一時帰国中Giappone2