ローマ在住。ガンベロロッソでイタリア料理・ドルチェ勉強中のmariのブログ。イタリアワインソムリエ、オリーブオイルソムリエの視点で、イタリア料理、ドルチェを楽しんでいます♪


by cucina_amalfitana
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ボルゲリのワイナリーへ②オルネライア(ORNELLAIA)

f0090286_895699.jpg

腹ごしらえをし、レ・マッキオーレの次に向かったのは、
オルネライア(Ornellaia)

このワイナリーは、フィレンツェにあるアンティノーリ家の次男が作ったワイナリー。
(現在はフレスコバルディの傘下に入っているそうです。)

さすがに御曹司のつくるワイナリーで、巨大な畑に、しっかりと管理された醸造所。
多くの従業員が働き、畑の管理、葡萄の選択もしっかりしていて、いかにも、資金力のある完璧主義なワイナリーです。ここで頂いたパンフレットのイメージ画像(葡萄の選択をしている写真に)「男の仕事」と書かれていました。朝に伺った、レ・マッキオーレは女性主体のワイナリー。同じワイナリーでも、ずいぶん違うなあ、と感じました。

オルネライアでは、素敵なお部屋でワインを3種試飲させていただきました。
f0090286_8101857.jpg

①レ・ヴォルテ(Le Volte) ←残しました。
②オルネライア(ORNELLAIA) ←これは、オイシイ♪また飲みたいと思うワインです。
ラベルにのっている建物も試飲したお部屋から見えました。

③レ・セッレ・ヌオーヴェ(LE SERRE NUOVE) 
← あまり印象に残りませんでした。

このように幸せな気分を味わった後には、思いもよらぬ地獄が私たちを待ち受けていました。

ボルゲリからシエナへはタクシーで4時間の道のりは、急なカーブの連続!
途中何度が休憩を挟みながら、一同ヘロヘロになり、シエナに到着しました。
到着したときは、みなさんが戦友に思えました。おつかれさまです。

車から一歩おり、新鮮な空気を吸うと、お腹が急に空き始め、
夜の10:30近くにもかかわらず、みなさんでリストランテへGO!!!
さっきのゲ○ゲ○状態はなんだったのか。(○にした意味がない?)

f0090286_8193045.jpg

夜遅くに、オッソブーコを平らげてしまいました。

普段料理学校では、安いテーブルワインを水のように飲んでいるのですが、
このように、レ・マッキオーレ、オルネライアという一流のワイナリーで
実際の生産過程を見て、味わいながら飲み、とても勉強になりました。
自分の好きなワインも分かりました♪♪

誘ってくださったYさん、荻堂ご夫妻、ご一緒した皆様に感謝です!!
最近、本当に素晴らしい方にどんどん会えて、嬉しいです。
[PR]
by cucina_amalfitana | 2007-03-08 00:02 | トスカーナToscana