ローマ在住。ガンベロロッソでイタリア料理・ドルチェ勉強中のmariのブログ。イタリアワインソムリエ、オリーブオイルソムリエの視点で、イタリア料理、ドルチェを楽しんでいます♪


by cucina_amalfitana
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Trattoria la palomba@ウンブリア州オルヴィエート(Orvieto)

土曜日は、トスカーナ州を抜け出し、ウンブリア州オルヴィエートに友人NNとやってきました。
シエナ駅 8:06発 (Regionale) キウジ駅 9:18着
キウジ駅 9:35発 (IC Plus) オルヴィエート 9:56着→今回もほぼ遅れなしです。

オルヴィエートは丘の上の町。駅からはケーブルカーで町に昇ります。ウンブリア州はポルケッタ(子豚の丸焼き)で有名。(→シエナの市場にやってきたウンブリア州のポルケッタ)ぜひ食べたいと思ったけれど、ブタ丸ごと一頭から切り売りしているお店は見つかりません。町の目抜き通りVia Cavourをしばらくあるくと、右側に市場発見!

f0090286_16442026.jpgf0090286_16443626.jpg


回転ローストには、子豚はまわっておらず、鶏肉がまわっていました。
ポルケッタはないか尋ねねると、
「ポルケッタはバカンス中だよ♪」とギャグを。。

でも、やはり、焼きたてはいい匂い♪ 古いポルケッタより、焼きたてチキンロースト♪
皮がパリパリでおいしかったです。 回転ロースト、バンザイ\(^^)/

腹ごしらえをして、ドームへ向かうと、豪華なファサード(正面)を持つドーモ
後ろには全く装飾が施されていなく工場の壁のよう。
f0090286_16404027.jpg

正面だけが豪華なドーモ、とっても多い気がする。昔からイタリア人は見栄っ張り?

その後、町の下に眠るエルトリア人の地下遺跡の見学ツアーに参加しました。
f0090286_16445997.jpgf0090286_16451414.jpg


初め友達に誘われて、寒そうだしあまり乗り気がしなかったのだけれど
行って正解!
(左)オリーブオイルの搾油所や、(右)ハトをしとめる穴まで!(もちろん食用です。)



f0090286_2145734.jpgランチは友達NNが調べておいてくれた、スローフードの認定トラットリアの、「Trattoria la palomba」へ。Palombaとは、ハトの意味。朝から鶏肉をたんまり食べお腹いっぱいなうえに、エルトリア人のハトを捕まえる穴をみて、大量のハトを想像したら,ハトは無理、ぜーったいに無理!


そこで、私が食べたのは、


f0090286_1646853.jpg
f0090286_16462180.jpg


黒トリュフのウンブリケッリ(Umbrichelle al Tartufo)
ウンブリア州特産の手打ちパスタ(ウンブリケッリ)に、目の前で、黒トリュフを惜しげもなく削ってくれます。いい香り~。このパスタたった9ユーロ。安く黒トリュフが食べられるウンブリアに来たかいがありました。

デザートには、缶詰の桜桃の中にバニラアイスを入れ、上にチョコレートをかけたもの。
このトラットリアは、家庭的な味でかなりオススメできるトラットリアです。

レストラン情報
Trattoria La Palomba

Via Manente, 16
Tel: 0763 343395
サービス料10%
コペルト 1.5ユーロ
[PR]
by cucina_amalfitana | 2007-02-24 16:35 | ウンブリアUmbria