ローマ在住。ガンベロロッソでイタリア料理・ドルチェ勉強中のmariのブログ。イタリアワインソムリエ、オリーブオイルソムリエの視点で、イタリア料理、ドルチェを楽しんでいます♪


by cucina_amalfitana
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ティラミス発祥のリストランテ・ベッケリエ@トレヴィーソ(Treviso)

ヴェネト州パドヴァに出張にきているダーリンに会うために、
金曜日学校を休んで、週末ヴェネト州を旅行してきました。

パドヴァはベネツィアの近く。実は12月に両方の町に遊びに行ってきたばかり。
じゃ、違う町についでに足を延ばそう、とダーリンに会う前に1人で行ってきたのが
ここトレヴィーゾ。

道のりは、
シエナ→バス→フィレンツェ→電車(ユーロスター)→メストレ→電車→トレヴィーソ
シエナの家をまだ真っ暗な6:30にでて、トレヴィーソに着いたのは13:00。6時間以上にわたる長旅でした。

目的は、もちろん(?)食の旅!!
今では世界中で有名になっているティラミスを初めて作ったリストランテが
トレヴィーソ
にあるのです。名前は、「アンティコ・リストランテ・ベッケリエ」
下の左の写真の小さな一角にある、ちょっとエレガントな店内のお店です。f0090286_2365638.jpgf0090286_237112.jpg



トレヴィーソは地球の歩き方に載っていない町。トレヴィーソ駅に着き、中心地に向かって適当に歩いていると、知らないうちに高級住宅街になっていて、イタリアで初めて見る、モダンなお金持ちの大豪邸。毛皮を身にまとったご婦人方に、レストランの場所を尋ねると、親切に教えてくれました。確か、ヴェネツィアを州都とするヴェネト州にはお金持ちが多い、と学校の先生が言っていました。なるほど。

予約していたリストランテに向かうと、リストランテのご主人カルロさんが笑顔で迎ええくれました。カメリエーレと相談して、注文したものは。


f0090286_235943.jpg

ラディッキョのクレープのオーブン焼き
(Sfornato di crespelle al radicchio)


4枚のクレープの中にトレヴィソ名産のラディッキョ(クリーム煮)が重ねられいて、クレープの端はカリッとしていて、中はトロッ♪♪♪



f0090286_2352976.jpg

ホロホロ鳥のオーブン焼き レバー・ソース添え
(Faraona al forno in salsa pearada)


イタリアでおいしく調理された鳥に出会えることが、実はなかったのですが、ここのレストランは完璧の焼き具合!ホロホロ鳥のレバー・ソースの軽やかな苦味とともに美味しく頂きました♪♪



f0090286_2355668.jpg

ラディッキョ・ディ・トレヴィーソのグリル
(Radicchio di Treviso al forno)



ラディッキョ・ディ・トレヴィーソについて説明はここをクリック


f0090286_2363353.jpg

そして、最後はこのお店が発明したティラミス♪♪
(Tiramisu')


お味は、一般的なあのティラミスでした。
ティラミスは、2日目に頂くとしっとり加減がちょうどいいのですが、多分私が食べたものは、しなり具合からいって、3日目かな。

イタリアを代表するドルチェのティラミスを発明したのは、現在のオーナーのカルロさんのお母さんとおばあちゃん。簡単で激ウマのティラミス。イタリアで一番おいしお菓子と言っても過言ではありません。

Tiramisu'の名前の意味は、

tira=引き上げて
mi=私を
su'=上に


という意味で、エスプレッソ、お砂糖、マスカルポーネがたっぷり入ったこのお菓子を
たべると元気になります。
余談ですが、娼婦が初めにティラミスを作ったとも言われるのは、このためです。


このリストランテ「ベッケリエ」、ティラミス以外がとても美味しかったので、
また、いつか食べに来ることになりそうです。



レストラン情報
アンティコ・リストランテ・ベッケリエ
「Antico Ristorante Beccherie di Carlo Campeol」

Piazza Ancilotto, 11 Treviso
Tel: 0422 540871

[PR]
by cucina_amalfitana | 2007-02-02 02:32 | ヴェネトVeneto