ローマ在住。ガンベロロッソでイタリア料理・ドルチェ勉強中のmariのブログ。イタリアワインソムリエ、オリーブオイルソムリエの視点で、イタリア料理、ドルチェを楽しんでいます♪


by cucina_amalfitana
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

キャンティ(Chianti)への遠足

学校の遠足で、シエナの北に位置するワインの生産地キャンティに行ってきました。
f0090286_1621682.jpg

キャンティまでの道のりは、霧がかっていましたが、到着する頃になると、霧が消え、
ワインやオリーブ畑ばかりのキャンティの美しい大地が見えてきました。




f0090286_1624826.jpg初めに訪れたのは、ゲッジャーノ邸(Villa di Geggiano)

映画「魅せられて」(ベルナルド・ヴェルトゥッチ監督)の舞台にもなっている、16世紀に作られたお屋敷です。庭には、野外劇場と家庭菜園があり、元気なカリフラワー、フィノッキオがにょきにょき育っています。



f0090286_1631349.jpgその次は、ポンティニャーノ修道院(Certosa di Pontignano)
14世紀に建てられた修道院。大きな貯水槽が美しい左右対称のイタリア式庭園の真ん中に二つもあり、そこに雨水を溜めて植木にあげたりして利用し、トスカーナ地方の倹約ぶりを象徴するものだそうです。現在はシエナ大学の施設となっていて、会議をここで行なうこともあるそうです。修道僧の住んでいた部屋は、今は大学職員のアパートになっています。





最後に訪れたのは、ワイナリー ボルゴスペート(Borgo Scopeto)
f0090286_165776.jpg

ここは、ホテル、レストランも併設されたワイナリーで、まずはホテルを見学。

葡萄作りをするのは、ワイナリーの所有者ではなく、コンタディーノ(contadino)と呼ばれる雇われた農夫たちです。かつてはたくさんいた農夫も最近では、ワイン作りの近代化、また重労働である農業離れのため、多くの人たちはフィレンツェ、シエナの町で仕事をするようになったそうです。

そして、この農夫の宿舎を改装したのがここのホテル(4つ星)です。
スウィートルームからは、一面に広がるブドウ畑が見るかとができて最高の眺め、1週間くらい過ごしたいところですが、1泊800ユーロ! 高すぎる~。

そして、最後はお楽しみのワインの試飲♪
f0090286_1652434.jpg


頂いたワインは、3種類

①ボルゴネーロ
(BORGONERO) IGT Toscana

②キャンティ・クラシコ
(Borgo Scopeto Chianti Classico) DOCG

③キャンティ・クラシコ・リゼルヴァ・ミスチャーノ
(Chianti Classico RISERVA MISCIANO DOCG


サラミは、ブタの顔(鼻、耳)で作ったもの。耳の軟骨が残り、ニョロッとした歯ごたえ。
4日前に絞ったばかりのオリーブオイルもパンと共に頂きましたが、これは絶品でした。

帰りのバスでは、朝とても早くちょっと疲れていたこともあり(これは、いい訳、ちょっと酔っていました(^^))ぐっすり寝て帰りました。
[PR]
by cucina_amalfitana | 2006-11-26 16:01 | トスカーナToscana