ローマ在住。ガンベロロッソでイタリア料理・ドルチェ勉強中のmariのブログ。イタリアワインソムリエ、オリーブオイルソムリエの視点で、イタリア料理、ドルチェを楽しんでいます♪


by cucina_amalfitana
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

この秋は、白トリュフに縁があるらしい♪

f0090286_0185698.jpg
直径3cmの白トリュフ様がゴロローン。総額200ユーロ(3万円)でござる。


えっへへ~!この秋2回目のアルバ産白トリュフです♪
アルバには、先月白トリュフ祭りに行き、美味しいレストランで白トリュフを思う存分頂き、ひとり幸せをかみしめていたのですが、またシエナの料理学校で最高級といわれるアルバ産白トリュフを楽しむことができました。ごめんなさい。自慢して。もう二度とこんないい思いをすることはないと思うので許してー♪

いつもぎりぎりで学校に行くのですが、今日は少し早めに学校に行きました。それはある任務を与えられたからです。それは、朝のコーヒー入れ!任命者は昨日から加わった新しいスウェーデン人シェフの生徒。エスプレッソを入れるのは好きなので喜んで引き受けたのですが、後からみんなに聞くと、わたしは断らなさそうに見えるらしい。コーヒーを上手に入れることができそう、というわけではないらしい。残念!!


今日習ったのは、





f0090286_045787.jpg

フォンデュータのうずらのせ アルバ産白トリュフ添え (Uovo di Quaglia con Fonduta e Tartufo bianco)

「白トリュフには卵のお料理が合う」と、とある方から教えていただいていたにもかかわらず、先月訪れたアルバで食べ逃してしまっていました。今日、シエナの料理学校で食べることができて、その意見に納得!トリュフの香りを楽しむためにはシンプルな味のものが合いますね!

フォンデュータとは、イタリア版チーズフォンデュ。イタリア最北の州ヴァッレ・ダオスタ州のフォンティーナというチーズを生クリームで溶かして使っています。




f0090286_052236.jpg

リッボリータ (Ribollita)

トスカーナ地方の伝統的スープ
豆、チリメンキャベツ、ほうれん草などの野菜とかりかりになった古いパンが入ったスープ。





f0090286_054276.jpg

仔牛を詰めたホロホロ鶏白トリュフ風味  (Faraona Farcita)

料理学校始まって2回目のホロホロ鶏。2羽あり、捌いたのは先週と同じフィンランド人の生徒と、新しい生徒のスウェーデン人シェフ。いつか、私もやってみたいなあ。。と思いつつ経験がないのでできません(><)重要な仕事はヨーロッパ人生徒にとられがち。がんばれ日本!むしろ、わたし!




f0090286_055860.jpg

アマレットとジャンドゥイヤのプリン (Budino di Amaretto e Gianduia)

ジェンドゥイアとは、トリノ特産のノッチョラ(ヘーゼルナッツ)入りの柔らかいチョコレートです。ピエモンテ州に出かけたとき、アルバ近辺でヘーゼルナッツの木をよく見かけました。


授業の後は、クラスメートの料理の先生とシエナの町歩き♪
いっぱい歩いていっぱいいい景色を見て、心もお腹も大満足の一日でした♪
[PR]
by cucina_amalfitana | 2006-11-14 00:02 | トスカーナToscana