ローマ在住。ガンベロロッソでイタリア料理・ドルチェ勉強中のmariのブログ。イタリアワインソムリエ、オリーブオイルソムリエの視点で、イタリア料理、ドルチェを楽しんでいます♪


by cucina_amalfitana
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

アルバの白トリュフ(黒トリュフも)食べ尽くし♪

昨日は、アルバの白トリュフ祭りで、白トリュフの姿だけを拝見したのですが
今日は、食べました♪

レストランは、mixiで知り合っためっちさんにおススメの
レストランのうちの一軒に日本から予約を入れてやってきました。

その名は、「オステリア デラルコ(Osteria dell Arco)」ブラのスローフード協会本部の中にある「ボッコンディヴィーノ」の姉妹店。

注文したのは、その名もトリュフのコース(Menu' Tartufo)

f0090286_1795266.jpg

1皿目:カルネ・クルード 白トリュフ添え
(Carne cruda all'albese battuta al coltello con tartufo bianco)


うわああ、生の牛肉(いわゆる牛肉のタルタル)の上に
た~~っぷりの白トリュフ♪
形も丸くて美しい。
白トリュフの断面には、細い線がたくさん入っている♪

初のアルバの白トリュフを一切れフォークにのせ鼻の下へ。
うううーん、芳し~い!
キノコというよりは木の香りかな?

隣の席のご夫婦の真似をして、
タルタルに白トリュフを混ぜ混ぜ。
そして、オリーブオイルも混ぜ混ぜ。おいしい♪




f0090286_17102340.jpg

2皿目:ポレンタ「Otto file」とロビオーラ 黒トリュフ添え 
(Polenta di mais "Otto file" con robiola e tartufo nero)


次は、黒トリュフ♪黒もいい香り♪
あまり味のないポレンタに、ロビオーラ(チーズ)を混ぜると
化学反応が起きるほど美味しい組み合わせでした。
黒トリュフは、白トリュフよりは安価です。
それは希少価値が高くないだけで、香りはいい。

ポレンタとは、トウモロコシの粉を練ったもの。
北イタリアは小麦(つまりパスタ)よりも
トウモロコシ、米(リゾット)がたくさん生産されているそうです。
「Otto file」とは、ポレンタの種類です。

ロビオーラとは、カマンベールのような真ん中が柔らかいチーズ。
ピエモンテ州、ロンバルディア州で作られていて
少し鼻にツーンをくる香りがあり、カマンベールよりはるかに美味しい♪

f0090286_17111741.jpg

3皿目:フォンドゥータのリゾット 白トリュフ添え
(Risotto con fonduta e Tartufo Bianco)


3皿目で、やっとリーゾ♪

リゾットの下にフォンデュータ(イタリアのチーズ・フォンデュのこと)
が隠されていて、フォークで下からすくうようにして全体を崩す。

あーーー、至福の時♪生きていて良かった。

それにしてもフォンデュータは、まろやかで美味しい。
トリノのサローネ・デル・グストのあと、フォンデュータの本場アオスタに行くことを
このとき決定!

f0090286_17135113.jpg

4皿目:骨抜きホロホロ鶏のポルチーニ添え
(Faraòna disossata con funghi porcini)


ホロホロ鶏ととろみのあるポルチーニの組み合わせは
私は好きではありませんでした。

ちなみに、ワインはワインの王様と言われるバローロ
お水の銘柄はLurisia
「サローネ・デル・グストに選ばれました」と表示されていました。


f0090286_17145248.jpg

5皿目:チョコレートとトローネのセミフレッド
(Semifreddo al torrone con crema al cioccolato)


ザクロの実が宝石のようで、美しく配置された少しだけ凍ったドルチェ♪
チョコの中と上にノッチョラが入っていました。
甘いドルチェの上に一枚のミント。
最高に美味しいドルチェ。
ピエモンテ州のドルチェはレベルが高い!
これからのピエモンテ滞在が楽しみになりました♪


お値段は、合計75ユーロ ¥11,500也
日本ではもっと高いでしょう。

(トリュフコース65ユーロ+バローロ1杯7ユーロ+エスプレッソ2ユーロ+水1ユーロ)

客層は、50代以上の熟年夫婦ばかり。
近くのご夫妻たちは、若い(?)私がひとりで食べているのを
ちょっと可哀想に思ったのか、帰り際に、「チャオー」
とか「ボナ・ペティート」など、やさしく声を掛けてくれました。
お財布だけじゃなく、心にも余裕があるやさしい方たちでした。
年をとって、こういうお店に夫婦できたいものです。

シニョーラは、大混雑にもかかわらず笑顔で感じがイイ♪
日本人の方もカメリエーレとして働いていらっしゃいました。


贅沢なプランツォ(ランチのこと)の後は、
16:00から始まった、アルバの町の中心Piazza Duomoで旗振り祭りを見学。
赤い衣装が印象的でした。


その後、アルバから電車で20分のブラへ行ってきました。
ブラには、スローフード協会本部があります。

記事は、コチラ。



レストラン情報
f0090286_17151949.jpg
「オステリア デラルコ(Osteria dell Arco)」
Piazza Savona, 5
Alba(CN)
Piazza Savonaの駅から向かって正面のBanca Fideuram左の通路から入った奥にある。
分かりづらい場所にあるので要注意。
http://www.boccondivinoslow.it/ita-arco/info.htm
[PR]
by cucina_amalfitana | 2006-10-29 17:03 | ピエモンテPiemonte