ローマ在住。ガンベロロッソでイタリア料理・ドルチェ勉強中のmariのブログ。イタリアワインソムリエ、オリーブオイルソムリエの視点で、イタリア料理、ドルチェを楽しんでいます♪


by cucina_amalfitana
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ヴェスビオ登山、カゼルタ王宮への遠足

朝7時45分にサレルノ駅に集合。私は家からバスで行く予定でした、が、待てど暮らせどバスが来ない!8時の電車に乗る約束になっていたので、バスはあきらめ、歩くと40分かかる距離を全速力で駅まで走りました。なんとか予定の電車に乗ることができました。

「どうしてバスが来なかったの?理解できない!」と怒り気味に友だちに訴えたら
「ここが、イタリアだからだよ。」といわれ、妙に納得。

f0090286_18182149.jpgポンペイ駅には、観光客向けの色鮮やかなジュースを売るお店がありました。


ポンペイ駅からバスでヴェスビオ(Vesvio)に向かいました。隣に座ったお友だちは、バスが山を登っていくにつれて顔色が悪くなっていき、ついに、登山はあきらめてしまいました。高所恐怖症なのに、がんばってみんなについてきたようでした。


f0090286_18184746.jpg

ヴェスビオ登山口までバスで行き、ゆーっくり歩いて約1時間で噴火口に到着。噴火口の中からは、煙がでていました。お土産に溶岩でできたワンコの置物を購入。ヴェスビオに登るときも大変だったけれど、下山はもっと大変でした。

その後、ベスビオ登山鉄道でナポリ駅まで行き、国鉄に乗り換えカゼルタへ行きました。
f0090286_18191622.jpg

王宮には、巨大な噴水があり、全長2キロ。大迫力です!一緒に行った、ドイツ人のお友だちが、「馬車に招待するわ。」と言い、私がお金を払おうとすると受け取ってくれませんでした。他の友だちを見習って、ご招待を受けてみました。噴水の中には、お魚が飼われていました。

そんなこんなで、朝から軽く20キロを歩いて筋肉痛になりましたが、心地よい疲れでした。
[PR]
by cucina_amalfitana | 2006-05-13 18:16 | カンパーニャCampania