ローマ在住。ガンベロロッソでイタリア料理・ドルチェ勉強中のmariのブログ。イタリアワインソムリエ、オリーブオイルソムリエの視点で、イタリア料理、ドルチェを楽しんでいます♪


by cucina_amalfitana
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

授業料の郵便為替がイタリアの語学学校に届きました

今朝は、風邪でダウンしていてベッドに
まりーとが出勤するとき、イタリアからFAXが届いていることを
教えてくれた。

Poste Italiane(イタリア郵便局)発行の郵便為替証書。
FAX差出人は、語学学校。心配していた授業料の郵便為替は
ちゃーんと、サレルノの語学学校に到着したようでした。
受け取り人欄にサインも書かれていたから、
語学学校は現地の郵便局でお金を受領済みの模様。

就学ビザ申請には、「受講する期間中の全額支払い済みの領収書」が必要。
この書類で大丈夫なのかしら?

不明なことがあるときは、在日イタリア大使館に問い合わせをする
ことにしていますが、結構親切に教えてくれます。

ちなみにイタリア大使館のビザの電話受付時間は
平日 14:30~17:30
TEl: 3453-5291

大使館に、この書類と、以前学校から郵送してもらった入学許可証(Certificato di Iscrizione) をFAXし、確認してもらいました。

「たぶん大丈夫でしょう。申請当日上司が判断しますが。」

とのこと。

私「学校に領収書を発行してもらわなくても大丈夫でしょうか?」

伊大「領収書をもらっておいて損はないと思います。」

私「そうですか。」

伊大「もし申請時この書類でだめでしたら、学校から領収書をもらうようにすればいいので、それほど心配しなくても大丈夫ですよ~。」

と言われても心配性な私は学校から領収書を入手することにしました。

イタリアが朝9時になるのを見計らって語学学校のイラリアにメールで連絡。

イラリアからは、すぐにメールが返ってきて
あっという間に、領収書を作成してFAXしてくれました。

私の名前のスペルに誤りがあったことを伝えると、
すぐに作り直してまたFAXしてくれました。

Perfetto
あとは、オリジナルをエアメールで送ってもらうだけ。

懸案事項だった、「授業料支払い→授業料全額支払い領収書の入手」は、そろそろ決着がつきそうです

それにしてもイラリアはいつもメールの返信がはやい!
感謝の気持ちでいっぱいです。


参考のために今日、大使館の方とお話をして得た情報をのせておきます。

*ビザ申請に必要な書類である保険証書の言語は
 →イタリア語、英語もOKとのこと。

*ビザ申請に必要な書類である住民票の日付は
 →できるだけ新しいものがよいが、2週間前くらいのものでもOK。

ただし、これが必ずしも正しいかどうかビザがおりるまで分からないので、またビザ申請後、報告します。
[PR]
by cucina_amalfitana | 2006-02-28 20:29 | 留学準備Giappone