ローマ在住。ガンベロロッソでイタリア料理・ドルチェ勉強中のmariのブログ。イタリアワインソムリエ、オリーブオイルソムリエの視点で、イタリア料理、ドルチェを楽しんでいます♪


by cucina_amalfitana
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Fegato con cipolla

f0090286_5585653.jpg

ローマ料理は、内臓を使ったお料理が多くあります。



そのうちのひとつ。 Fegato con cipolla(フェーガト・コン・チポッラ)



フェーガトとは、レバーのことです。



子牛のレバーをたっぷりの玉ねぎと炒めたもの。



オリーブオイルに、サルヴィアの葉の香りをしっかりとうつして香り高く仕上げてみました。



コツは、炒めすぎないこと。



まだ、血が出てくるようなレア状態に仕上げ、美味しくできました




材料 2人分



レバー 200g

玉ねぎ 1玉

オリーブオイル 大匙2

サルビアの葉 2枚




1、フライパンにオリーブオイル、サルビアの葉を入れ、弱火で香り付けする。



2、サルビアの葉を取り出し、フライパンに薄切りにした玉ねぎを加え、中火で炒める。



3、レバーを加え、強火でさっと炒めてできあがり。



ベル人気ブログランキングに参加してみました


気に入って頂けたら、今日もクリックしてください 右矢印 人気ブログランキングへ


[PR]
by cucina_amalfitana | 2009-04-13 02:58 | ラツィオLazio